2011年04月08日

吉田製麺店@金沢文庫

久し振りに行った金沢文庫の「吉田製麺店」は元店が
有った場所の近くでリニューアルオープンしていた。
009.jpg
会社の人に薦められて「つけ麺」を食べに来たのだが、
麺のクオリティーの高さは屋号にも現れていると言う感じ。
008.jpg
007.jpg
惜しむらくは、つけ汁の量が少ないのと、もう少し動物系のスープが効いていると
良かったが、これはこれで十分美味しい「つけ麺」なのである。
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

大船軒@天玉そば

やはり茅ヶ崎で育ったあたし的には、この大船軒の「天玉そば」は
地元湘南のソウルフードなのである。
006.jpg
独特な「甘辛い汁」は食べ慣れていないと違和感たっぷりだね。(笑)
昔に比べてそばや天ぷらがモデルチェンジしてしまったのが悔やまれるが、
相変わらず癖の強い「甘辛い汁」は健在。大船軒の「天玉そば」は
こうでなくっちゃ!
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

店不明な煮込み

写真は残っているのだが、この「煮込み」どこのお店の
「煮込み」だかすっかり忘れた(苦笑)
005.jpg
もう酔っ払っているとこんな事ばかりで恥ずかしくなるのだ。
しかし、思い出せない器等は見覚え有るのだが?
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

日の出らーめん

野毛に飲みに行った帰りに「ラーメン」を〆に食べた事は殆ど無いのです。
やはり「つけラー」のハルとしては、「つけ麺」を〆に食べてしまうのです。
しかし、野毛近辺で「つけ麺」を食べようとするとお店が限られてくる訳で、
自ずとこの「日の出らーめん」に来て「つけ麺」を頼むと言う事になるのです。
「大盛り」もサービスでしたっけ?酔った勢いで思わず「大盛り」とオーダー
してしまうのはいかんですねー。
004.jpg
麺は太い、いや「うどん」に近い太さは最初の内は違和感ありましたが
慣れと言うものは恐ろしいもので、今はなんとも思わないのです。
麺は良いのですが、つけ汁に関しては、もうこのタイプの濃厚系は正直飽きたな
と言う感じです。しかし、野毛近辺では貴重なお店。
大船にもお店を出しましたし繁盛店ではありますね。
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

浅見本店

浅見本店は、横浜の「角打ち」では一番好きな酒屋さんです。
高い天井は格子状のデザインがなされ、立派な神棚はお店の
シンボルです。
003.jpg
あたしは主に「シークワーサー割り」を飲む事が多いですねー。
002.jpg
「シークワーサー割り」を飲む時の注意点は、デフォルトの焼酎の量が多いので
「半分」と言ってオーダーする事、分量に関しては張り紙が有るのでよく読んで
からオーダーか店主ご夫婦に聞いちゃいましょう。
50円〜のおつまみを一緒に頼めば大満足。
地元の先輩達の世間話(競馬の話が多いけどw)を隣で聞きながらの
立ち飲みは有る意味、良い社会勉強(笑)
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 角打ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

高崎屋本店@鎌倉

鎌倉に飲みに行く事は殆どありませんが、
たまーに飲みに行きたくなるのは「高崎屋本店」
なのです。
鎌倉駅の西口、御成通りに有る酒屋ですが、
良い日本酒が「角打ち」で飲めるのが魅力です。
自家製の「漬物」をつまみに日本酒を立ち飲み。
至福の時です。わーい(嬉しい顔)
夏はサーバーで出してくれるエーデルピルスの
生ビールがうまい。
521.jpg
もうそろそろ伺いたいですね。
205.jpg
そうそう、量り売りの「紹興酒」も絶品です。
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 角打ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

博多元助 薬院本店

「つけ麺」に濃厚魚介+魚粉のスタンダードを確立させ、
ある意味革命的な店であった大崎の六厘舎が
8月29日をもって閉店する情報が入って来た。
住宅街での行列客は近隣の住民からのクレームも多かった事だろう。
今となっては目新しさも無く、若干劣化気味の六厘舎の「つけ麺」には
特に郷愁も感じはしないけれど、濃厚魚介+魚粉の「つけ麺」を世の中に
定着させスタンダードな存在にしてしまったのは尊敬に値するし
忘れられない名店で有ったと思うのです。
最後に一杯食べに行きたいけれど、東池袋大勝軒のラスト月間に行って
寒風吹きすさぶ中4時間半並んで凍死するかと本気で思った経験上、
真夏に並んでも同じだろうと思い今回は我慢する予定である。
さて、前置きが長くなったが博多にも六厘舎インスパイアー系の
つけ麺屋が一軒有りまして、まー最近は食傷気味の濃厚魚介+魚粉の
つけ汁に太麺の組み合わせで人気の「博多元助薬院本店」がその店であります。
090623_13111211.jpg
うん!良く出来ています。素直に美味しかったですよ。
博多豚骨ラーメンに馴れている福岡人には異色の食べ物かもしれませんが、
福岡の「つけ麺」と言えば「元助」との評価は定着してきたと思います。
090623_13005011.jpg
090623_13004211.jpg
麺もつけ汁も東京のつけ麺屋からするとまだまだの感はしますが、
周りにまったくそれなりのつけ麺を出していなかった「ブルーオーシャン」に
挑戦する気概は大変評価できる物です。

posted by ハル at 20:52| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

ON THE ROCKS@福岡市中央区大名

博多にもハイボールブームは、やって来ました。
サントリーが特注で製作したウイスキーハイボール
専用サーバー(ハイボールタワー)にて酎ハイ感覚で
楽しめる店は博多にも多くなりましたが、
私が愛する日本で最高にうまいハイボールが飲める店、
銀座ロックフィッシュの氷無しダブルのハイボールを
飲めるBarを博多で見つけたのです。
CAYJQHG0.jpg
中央区大名の「ON THE ROCKS」のマスターは
サントリー出身の方でお店を企画運営するプロでした。
そんな店主が脱サラし自分の店を持とうとしたとき、
インスパイアされたのがロックフィッシュだったのだそうです。
そーですよね。氷無しハイボールは絶対流行りますよね。
このこだわったお店は「ロック」を聞きながら
「氷無しハイボール」を楽しむ。
いやー良いですよこのお店は、ハルお勧めのお店です。
posted by ハル at 17:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BAR大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

ホルモンみすみ@博多 春吉

とにかく念願のお店でした。
正直、モツ鍋なんて物には興味はありませんでした。
だって、東京でも散々食って来たし、博多で食べる
モツ鍋はそれなりには美味しいのかも知れませんが
「超」びっくりなんて事はまずないので、狙いは
こちら「ホルモンみすみ」です。
090620_2211071.jpg
看板こそありますが、暖簾も無くひっそりとたたずむお店です。

はい、はっきり言ってマイナーな食べ物です。
「串モルモン」
串に刺さったシロ・ガツ?・せんまい?を
090620_21272111.jpg
平べったい鉄鍋でゆっくり煮込み食べるのです。
煮込むスープは、あご出汁?に白味噌仕立て。
これが癖になる味なのです。
この汁はぐぐっと飲み干してしまいます。
串は最初、店主が3本程鍋から取り分けてくれ
食べ終えた後は、客が勝手に鍋から好きなだけ
取ってよいルールです。
10〜15本は毎回食べていました。
薬味の刻みねぎを乗せるとまた美味い。
飲み物は瓶ビールが5種類用意されているこだわり。
焼酎が霧島であります。あとは、飲み物がありません。
090620_21264911.jpg
シンプルなモツ串にシンプルな酒類。
たいへん分かりやすいお店です。
店主は飄々としていますが、なかなかにユニークな人でした。
鉄ちゃんだそうです。特に「時刻表」ジャンルの「鉄」だそうです。
そして、カレーファンだそうで、一番好きなのは新宿の中村屋
との事、上京した時は必ず寄ってカレーを食べるそうです。
そして中村屋のピクルスが絶品との事で薦められました。(笑)
そのマスターをして最高のカレールーが「渡辺のカレー」
と言って見せてくれたのがこのカレー。
090620_21495611.jpg
なんと葛飾区立石のメーカーの物でした。
最近はテレビにて紹介されることも有るので
ご存知の方もいらっしゃるかと。
いや〜また行きたいナー。のんびりした雰囲気を含めて
大好きなお店であります。
posted by ハル at 23:08| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

めでた屋@博多 渡辺通り

福岡は基本的には焼酎文化です。
昨今は麦・米焼酎より圧倒的に芋焼酎が飲まれています。
昔は日本酒が飲まれていたようですが、
現在では芋焼酎が主流になっています。
なのだからでしょうか?チェーン店居酒屋はいざ知らず、
個人経営の博多の居酒屋では、なかなか酎ハイと
言う物にお目にかかりませんでした。

炭酸が効いた飲み物は専らビールと言うわけで、
博多には炭酸水で焼酎を割る文化が居酒屋等では無いのです。
(缶酎ハイなどはもちろんありますが・・・)
つまり芋焼酎等のある程度、癖が有る焼酎が
好まれる環境に於いては、宝焼酎やキンミヤが入り込む余地は無く、
それらを使用する酎ハイ類が、おのずと流行らない土壌なのだと
思います。
芋焼酎をハイサワーで割りたくねーもんなー!
(ハイサワーも酒屋で見かけなかったな)

さて、そうなるとホッピーにとっても流行りにくい環境に有り、
絶好調ホッピービバレッジをしても九州での知名度は余りありません。
でー、博多に於いて本格的なホッピーが飲めるこの店は貴重なのです。
野毛の呑み助に聞くと必ず奨められる店が「めでた屋」。
(前置き長くてすみません)
090620_2120241.jpg
初めて伺った時は、博多で本格的なホッピーが飲める数少ない店の
一軒との認識でしたが、数百種類の缶詰のコレクションにビックリ!
もちろんツマミで食べれると言うので楽しくなり、
その後度々通ったのでした。
090620_20002811.jpg
ホッピーを三冷でちゃんと飲ませる店は福岡には殆ど有りませんし、
博多に於けるホッピーの聖地と言っても大袈裟な表現ではないと
思います。
090620_20003711.jpg
缶詰以外のおつまみもしっかりしているし、全国中の日本酒の
ワンカップの品揃えも豊富で色々な楽しみ方ができる素敵な
お店でした。
posted by ハル at 14:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。