2011年05月23日

松壱家@茅ヶ崎店

いやー久々に「家系」のラーメンとつけ麺を食べました。
「特松壱家」
096.jpg
「つけ麺」
104.jpg
たまには良いな「家系」も
posted by ハル at 00:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

日の出らーめん@剛つけ

毎度、毎度の「日の出らーめん」なのである。
いろいろ文句付けているが結局ここのつけ麺
「剛つけ」を食べている頻度の多いこと。
083.jpg041.jpg042.jpg
もうこの手の、濃厚系のつけ汁と極太麺はいい加減飽きたのですが結局食べていると言うのは
美味しいのだろう、と言うよりたまに無性に食べたくなる感覚は何なのだろう?
そう言えば大船にもお店を出したな。何気に大船が「つけ麺」激戦区になりつつある。
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

日の出らーめん「ガッツ麺」

野毛の「つけ麺屋」と言ったら「日の出らーめん」の「剛つけ麺」を
食べる事が多いのだが、この日は初めて「汁なし」と言うジャンルの
「ガッツ麺」を食べてみた。
031.jpg
関内の二郎で有名な「汁なし」も同様だが、あたしにはこの食べ物は
合わない。苦手だ。これは好みの問題なので美味い・不味いの範疇で
語る物ではない。
とにかくこの店では「つけ麺」だな。
posted by ハル at 00:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

つけめん KOKORO@大船

つけめん KOKOROは大船でNo1のつけ麺屋かな。
030.jpg025.jpg029.jpg
茅ヶ崎でもこのレベルのつけ麺が食べたいな。
posted by ハル at 00:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

イツワ製麺所食堂@北久里浜

北久里浜のイツワ製麺所食堂に久し振りに「つけ麺」を食べに来ました。
お昼時間を少しずらしてのランチでしたので待ち無しで入店。
015.jpg
すかさず「つけ麺」を注文します。
021.jpg
この日は「タンタンメン」チックなお味の「つけ麺」を試しましたが、
「つけ汁」のパンチ不足で少しがっかり。
でも相変わらず「麺」のクオリティーの高さは維持されています。
「麺」が良いのでもう少し「つけ汁」に力入れて欲しいなー!
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

吉田製麺店@金沢文庫

久し振りに行った金沢文庫の「吉田製麺店」は元店が
有った場所の近くでリニューアルオープンしていた。
009.jpg
会社の人に薦められて「つけ麺」を食べに来たのだが、
麺のクオリティーの高さは屋号にも現れていると言う感じ。
008.jpg
007.jpg
惜しむらくは、つけ汁の量が少ないのと、もう少し動物系のスープが効いていると
良かったが、これはこれで十分美味しい「つけ麺」なのである。
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

日の出らーめん

野毛に飲みに行った帰りに「ラーメン」を〆に食べた事は殆ど無いのです。
やはり「つけラー」のハルとしては、「つけ麺」を〆に食べてしまうのです。
しかし、野毛近辺で「つけ麺」を食べようとするとお店が限られてくる訳で、
自ずとこの「日の出らーめん」に来て「つけ麺」を頼むと言う事になるのです。
「大盛り」もサービスでしたっけ?酔った勢いで思わず「大盛り」とオーダー
してしまうのはいかんですねー。
004.jpg
麺は太い、いや「うどん」に近い太さは最初の内は違和感ありましたが
慣れと言うものは恐ろしいもので、今はなんとも思わないのです。
麺は良いのですが、つけ汁に関しては、もうこのタイプの濃厚系は正直飽きたな
と言う感じです。しかし、野毛近辺では貴重なお店。
大船にもお店を出しましたし繁盛店ではありますね。
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

博多元助 薬院本店

「つけ麺」に濃厚魚介+魚粉のスタンダードを確立させ、
ある意味革命的な店であった大崎の六厘舎が
8月29日をもって閉店する情報が入って来た。
住宅街での行列客は近隣の住民からのクレームも多かった事だろう。
今となっては目新しさも無く、若干劣化気味の六厘舎の「つけ麺」には
特に郷愁も感じはしないけれど、濃厚魚介+魚粉の「つけ麺」を世の中に
定着させスタンダードな存在にしてしまったのは尊敬に値するし
忘れられない名店で有ったと思うのです。
最後に一杯食べに行きたいけれど、東池袋大勝軒のラスト月間に行って
寒風吹きすさぶ中4時間半並んで凍死するかと本気で思った経験上、
真夏に並んでも同じだろうと思い今回は我慢する予定である。
さて、前置きが長くなったが博多にも六厘舎インスパイアー系の
つけ麺屋が一軒有りまして、まー最近は食傷気味の濃厚魚介+魚粉の
つけ汁に太麺の組み合わせで人気の「博多元助薬院本店」がその店であります。
090623_13111211.jpg
うん!良く出来ています。素直に美味しかったですよ。
博多豚骨ラーメンに馴れている福岡人には異色の食べ物かもしれませんが、
福岡の「つけ麺」と言えば「元助」との評価は定着してきたと思います。
090623_13005011.jpg
090623_13004211.jpg
麺もつけ汁も東京のつけ麺屋からするとまだまだの感はしますが、
周りにまったくそれなりのつけ麺を出していなかった「ブルーオーシャン」に
挑戦する気概は大変評価できる物です。

posted by ハル at 20:52| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

めんや 直伝@横浜市南区真金町

昨年初めて食べに行った時に余りのつけ汁の甘さ具合に
「こりゃ二度と来ないなー」と思ったものですが、
お店も落ち着いて味が変る事もまま有りますので、
2度目の訪問をしてみました。
080713_2000~001.jpg080713_2000~002.jpg
相変らずつけ汁は甘いが、変な甘ったるさが少し解消したようで
これはこれで結構食べられるなと感想を新たにしました。
しかし、甘いのには変らないのでコショウや唐辛子を振り掛けたい
ところではありますが、カウンターの上には酢しか置いていない。
店側のポリシーかもしれませんが少しでも辛さが入るとぐーっと
味わいが増しそうなのでその点は非常に残念でした。
麺は浅草開化楼の麺ですが流行の極太麺ではなく中太麺で好印象。
まだまだ進化する余地は大のお店のようです。
posted by ハル at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

つけ麺屋 司郎@中区曙町3丁目

2009年つけ麺一食目は・・・、
つけ麺屋 司郎に来て見ました。
090104_2125~01.jpg090104_2126~01.jpg
うわっ、店の前につけ麺やラーメンの写真が写っている
幕看板が出ているお店は大概駄目なつけ麺出してくるので
店に入る前からテンションが下がりまくります。
090104_2117~01.jpg090104_2117~02.jpg
店の中にはアルバイトであろう大陸系のお姉ちゃんが一人だけ。
主人がまともに出ていない店も僕的には評価しない。
まあ、お姉ちゃんは「無難」につけ麺を作ってくれたけど
味的には六厘舎インスパイアーのそれも劣化版程度の味だったので
再訪はもう無しのお店でした。
posted by ハル at 11:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

石ちゃんおすすめ!! つけ麺 かつおダシ醤油

石ちゃんおすすめ!! つけ麺 かつおダシ醤油
つけ麺専用に開発した極太麺。
豚骨をじっくり炊き出したガラベースに鶏の旨みを加え、
かつお節と利尻産昆布のだしで仕上げました。
希望小売価格:400 円(税抜価格) 内容量:446 g (めん180g×2)
1400L_ishi_tukemen_l.gif
だとさー、てー訳で買ってしまったのだよ、このつけ麺。
マルちゃんでおなじみの東洋水産の製品なのだが、
早速作ってみると・・・、これがなかなか良く出来ている。
麺なんかは、下手なお店より良く出来た麺だった。
惜しむらくは、つけ汁の味が薄いのと量が決定的に少ない。
今度は、日清食品のつけ麺を探して食べてみよう。
posted by ハル at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

「稲荷」@経堂

小田急の経堂駅の前のユーザーさんに訪問後、時間は午前11時30分。
このタイミングならば「つけ麺フリークの」あたし的には、
この「稲荷」と言うお店は外せないのです。
071114_1204~002.jpg071114_1204~001.jpg
店に入るとシーンとしていてストイックな感じ。
お客も無駄口叩かず大人しく、つけ麺が出来るのを待っています。
あたしの通されたテーブルは一人用の小さな物で、
水槽が置かれており、中に小さな魚が泳いでいたので
その魚を眺めながら、つけ麺が出来るのを待っていました。
麺茹でに時間が掛かったのでしょうか?10分以上は
待たされて登場したつけ麺はさすがの一杯。
071114_1218~002.jpg071114_1218~001.jpg
つけ汁は魚介類の出汁が効いていて濃厚ではあるが、
六厘舎などのように脂こくない。
評判の麺は抜群の美味さでした。
ただ、丁寧に一杯一杯を作られるようなので混雑時は並ぶかも。
posted by ハル at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

深夜の〆つけ麺 日の出らぁめん→目白 丸長で昼もつけ麺かよ!

菊池 威の音楽を堪能したハルさんは、野毛に徒歩で舞い戻り
立ち飲み 花火で軽く飲み、最終的には深夜の〆つけ麺として
日の出らぁめんの入口をくぐってしまったのだ。
070531_0000~001.jpg070531_0010~001.jpg070531_0011~001.jpg
今日も食券を買ってしまったのは、つけ麺(極太麺)=(剛麺)
なのであった。
ほんとう懲りない。深夜の飲食は、ほんとうにいけないのだ。
後々、体的にろくな事にならないであろう。
つくづく俺は、破滅型人間だなと思う今日このごろ。
という反省もつぶやき切らないうちに、その日明けての昼は
目白の丸長の前にて佇んでいるのは、殆ど病気なのかもしれない。
070531_1043~001.jpg070531_1111~001.jpg
070531_1055~001.jpg070531_1055~002.jpg
悪いが、野毛のラーメン屋のつけ麺では、とても太刀打ちなんか
できるわけなく、本当に丸長の偉大さを感じてしまった1日だった。
だから、1日のうちで2食もつけ麺食うなってんだ!!
posted by ハル at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

この店の評価がとっても上がりました。神奈川新町 大勝軒

とにかく、この神奈川新町と横浜西口の大勝軒は、
雨後の竹の子状態で、できた大勝軒の中でも
まともな方らしいが、少なくとも西口のつけ麺は
食えたもんじゃねー。
だが、この新神奈川店に久し振りに行くと・・・、
070518_1134~001.jpg070518_1127~001.jpg
行列ですよ。ハルさんが一番嫌う行列ですよ。
でも、こんだけ並んでるのだから期待は高まっちゃいますよね。
070518_1204~001.jpg070518_1204~002.jpg
うまいなー!素直にうまかった。大分味が良くなった。
西口もこの調子で味が良くなっているのか?
近い内チェックしに行かなければ。

posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

やばいぞ、本郷三丁目 「つけ麺 柾木」

なにがやばいかって言っても、この味の劣化具合はまずいでしょう!
070517_1334~002.jpg070517_1334~001.jpg
つけ汁は甘いだけになっちゃって、麺はフカフカした実に
軽い感じの麺になっちまった。
客もちらほらで、この店の立場が如実に表れちゃってる。
ちょっと俺的にはこの店は終わったな。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

麺どころ魁

相鉄には普段とんと縁の無い生活をしている、あたしだが・・・
そこはそれ、美味い「つけ麺」が有ると聞きゃ、東へ西へ普段
足が重い非行動派のあたしがルンルンで、出かける訳さ。
今日は和田町駅にて降車し、徒歩3分ほど・・・、
駅前寂しい所に加え、この「麺どころ魁」の周りには
なんにもありゃしないときたもんだ。
ここの主人、相当の経営音痴か、相当の自信家かの
どっちかだな。っといってたら、
070506_1206~001.jpg070506_1206~002.jpg
基本的には後者だったわ。
070506_1215~001.jpg070506_1215~002.jpg
ここは凄いわ、決して良くない立地条件を、ぶっとばす位の
クオリティー。今流行の濃厚系つけ麺の一派だが、
とにかく麺が抜群ですな。
主人は国認定の製麺士の資格をお持ちらしい、
チャーシューも美味いし、つけ汁も一杯づつ温める手間の掛けよう。
気に入った・・・でもなー、和田町なんだよなー。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

日の出らぁめん

あたしの家から一番近いラーメン屋がここ「日の出らぁめん」
なのである。
070503_1428~002.jpg070503_1428~001.jpg
あまりあたしの、つけ麺レーダーには引っかからなかった店である。
つけ麺の、のぼり旗もあるので今回初入店してみた。
070503_1410~001.jpg070503_1419~001.jpg070503_1419~002.jpg
「剛つけめん」と言うそうな。
大盛り(345g)までは普通盛りと同価格でいいそうだ。
もちろん大盛りを頼むのがいけないところなんだよねー。
麺は極太麺で茹で時間が10分掛かるとの事。
本当になかなか出てこねーや。
肝心なお味とは言うと・・・・つけ汁はまあまあか?
麺はここまで太くする理由が分からない?
話題にはなるかもしれないが、このつけ汁とは合わない
感じがするのだが。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

ひるがお 新宿御苑店

人気店「せたが屋」の、塩ラーメン部門の昼の部「ひるがお」
独立したのがこの店だそうな。
070410_1319~001.jpg070410_1340~001.jpg
化学調味料を使わず自然素材を使った塩ラーメンが人気なんだって。
まあ、あたし的にはこの店に来たのは「塩つけ麺」目当てなんだけ
どね。
食券機を見てみると・・・結構価格構成が高めですなー。
人気店みたいで行列こそ無いものの、引っ切り無しにお客が
来ますね。結構女性客が多いのもこの店の特徴か?
070410_1330~001.jpg070410_1331~001.jpg
この「塩つけ」のつけ汁は少ししょっぱいなー。
つけ麺のつけ汁としてはこの位の味付けがいいのだろうが、
最初の食べ始めは少し違和感あり。
でも中盤以降は汁が薄まってくるので計算ずくの味付けか?
麺は平打ちの中細麺。つるつる食感も良くこちらは合格。
こだわった「塩つけ」だが少し高めの価格は痛いな。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

関内 二郎 「汁なし」を食らうも、そのボリュームに撃沈(涙)

いつもいつもその長ーい、行列にビビリまくり食べに行く気にも
なれなかった「関内 二郎」であったが、とにかく食べに行って
みない事にはお話にならないので、とにかく雨模様でいつもよりも
若干行列が少なめの今日を狙って意を決して行列に加わる。
思っていたよりは回転が良く40分弱で席に付くも、あたしゃ二郎
にはなんの思い入れも無きゃ憧れも無いもので、
独特の注文=二郎コールを間違えてしまった。
が、なんだかんだで出てきたオーダー品はこれだ!!
070409_1922~001.jpg
今、二郎ファン=ジロリアンの間では熱狂的に支持されている
「汁なし」を食らったのだ!!
汁なしと言えどもちゃんと汁はあって、かなり大雑把な言い方だが
油そばの二郎版と言ったところか?
濃い目の少量の汁に、二郎独特の太い麺、大量のやさい、
フライドオニオン、二郎お約束の刻みにんにく、玉子の黄身
そして、オプションでスライスチーズを入れてもらう。
小豚で注文しているので、チャーシューが5枚も入っているのだ。
これを一気に混ぜ混ぜして、思いっきり啜るべし!!!
はっきり言って、俺の範疇の食いもんじゃねー!!
食い切れねー!!楽勝と思われたこの程度の量が苦じいー!
うまくない、これが人気の「汁なし」なのか?
ジロリアンには味覚があるんかい?
ラーメンは未食なので再訪はすると思うが、
「汁なし」での再訪は絶対しないな。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

新宿御苑「東池袋 大勝軒 十五夜」

新宿御苑の「東池袋 大勝軒 十五夜」はこれが正式名称か?
それにしても長い店名だな。
070405_1115~001.jpg070405_1129~001.jpg
ここの主人は噂が本当なら、尾崎豊と同級生で高校時代の
友人だったとの事で、十五夜の店名からも分かる通り
あの名曲「十五の夜」のモデルとされてる人物?
と言う事は・・・・。
♪バイクを盗んで走り出す♪の名台詞の
張本人なのか?
それはそれとして、久し振りの来店だが実は前日に来るも
行列が凄く諦めたのだが、今日も近くまで来たのでもう一度
再チャレンジ入店。今日はすんなり入れてホッとする。
070405_1121~001.jpg070405_1122~001.jpg
肝心のつけ麺だったが、ちょっとつけ汁のコクが優しすぎる
魚介の出汁はしっかりしているが、もう少し動物系の出汁の
味も味わいたい。
ただ、今日は券売機の扱いになれていないおばあちゃんに
親切丁寧にメニューの説明をしながらカウンターまで
案内してきた店員のサービスにはとても感心した。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。