2011年05月25日

柳屋@小田原

有る意味、この店は伝説の「ホッピーの聖地」なのだそうで、
ほとんど小田原には来ないハルですが、来た時は必ず寄りたいと
いつも思っているお店です。
110.jpg
もつ焼き屋ですので各種の「もつ焼き」は、やはり美味いですね。
118.jpg117.jpg116.jpg
「かしら」「しろもつ」等をホッピーで流し込む。
114.jpg115.jpg
三冷のホッピーは「キンミヤ」焼酎を使用という事だが、これに関しては若干?な感じ。
少なくとも25度の焼酎ではないような?噂では20度と25度を混ぜているという話も聞くが
わざわざそんな事も「めんどくさいよな」という事で、その点は謎である。
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

ホルモン「みすみ」@福岡 春吉

この店の特異な「もつ煮」だけは関東では食べられない。
070.jpg075.jpg071.jpg
あご出汁で仕込んだ白味噌の煮汁に、白モツなどを串に刺した状態で煮込む。
煮込む平べったい鉄鍋もこの店の独特な物。
073.jpg072.jpg074.jpg
飲み物は瓶ビールが5種類、あとは霧島焼酎というシンプルな構成。
あたしこう言う潔いメニュー構成は大好きですねー。
もつも何本でも食べられちゃうんですよねー。
横浜には無いよねーこういうお店。
横浜で是非あたしはやってみたいのよ、こういう店を!(笑)
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

島田商店@川崎

1本50円でもつ焼きが食べられる店として一部(ほんの一部だが・苦笑)
で有名だった川崎の島田商店に物凄く久し振りに行って見ると
もつ焼きが1本60円に値上っていました。(爆)
066.jpg
いやいや、それでも安い!新鮮!
アウェーの店ですから、よそ者のあたしが店に入って行くと
常連さん達から「ぎろ」っと睨まれますが、それも一瞬の事。
空いてるカウンター席に誘導されれば全然問題なく飲めます。
067.jpg
この日は、「かしら」焼きに「がつ刺し」をビールで流し込んだ。
本当に安い店で、1500円も飲んだら腰が抜けるな。
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

味珍@横浜西口 狸小路

この日は久し振りの「味珍」祭りを開催。
やはり「味珍」では「尾っぽ」「馬刺し」「ピータン」を頼む事が多いかな。
038.jpg
お酒は、夏は「瓶ビール」冬は「やかん」
「やかん」は焼酎のストレート。「梅割り」か「ウーロン割り」で飲む。
しかし、最近は「梅割りの素」のメーカーが磯子の某社から変わって
しまったのであまり飲まなくなった。
やはり味が違うんだよね。磯子の某社さん「梅割りの素」の復活を!
同じ素を使っていた野毛宮川町の「あさひや」も困ってると思う。
051.jpg052.jpg
追加注文は「耳」と「ラッパ」あたしはこれらを注文すれば満足。
「腐乳」をつけダレにする「石井バージョン」的な食べ方はあまりしないな。
そうそう古い常連さんが食べていたと言う「石井バージョン」を世に紹介したのは
尊敬する飲みの先輩、居酒屋礼賛の「浜田さん」なのだが、先日某ブログを見たら
俺がそのつけダレを発見し、食べ始めた等と書いている奴がいたな。
あまり嘘を書かない方が良いと思う。あんたのずーーーーと前からある食べ方だからね。
posted by ハル at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

ホルモンみすみ@博多 春吉

とにかく念願のお店でした。
正直、モツ鍋なんて物には興味はありませんでした。
だって、東京でも散々食って来たし、博多で食べる
モツ鍋はそれなりには美味しいのかも知れませんが
「超」びっくりなんて事はまずないので、狙いは
こちら「ホルモンみすみ」です。
090620_2211071.jpg
看板こそありますが、暖簾も無くひっそりとたたずむお店です。

はい、はっきり言ってマイナーな食べ物です。
「串モルモン」
串に刺さったシロ・ガツ?・せんまい?を
090620_21272111.jpg
平べったい鉄鍋でゆっくり煮込み食べるのです。
煮込むスープは、あご出汁?に白味噌仕立て。
これが癖になる味なのです。
この汁はぐぐっと飲み干してしまいます。
串は最初、店主が3本程鍋から取り分けてくれ
食べ終えた後は、客が勝手に鍋から好きなだけ
取ってよいルールです。
10〜15本は毎回食べていました。
薬味の刻みねぎを乗せるとまた美味い。
飲み物は瓶ビールが5種類用意されているこだわり。
焼酎が霧島であります。あとは、飲み物がありません。
090620_21264911.jpg
シンプルなモツ串にシンプルな酒類。
たいへん分かりやすいお店です。
店主は飄々としていますが、なかなかにユニークな人でした。
鉄ちゃんだそうです。特に「時刻表」ジャンルの「鉄」だそうです。
そして、カレーファンだそうで、一番好きなのは新宿の中村屋
との事、上京した時は必ず寄ってカレーを食べるそうです。
そして中村屋のピクルスが絶品との事で薦められました。(笑)
そのマスターをして最高のカレールーが「渡辺のカレー」
と言って見せてくれたのがこのカレー。
090620_21495611.jpg
なんと葛飾区立石のメーカーの物でした。
最近はテレビにて紹介されることも有るので
ご存知の方もいらっしゃるかと。
いや〜また行きたいナー。のんびりした雰囲気を含めて
大好きなお店であります。
posted by ハル at 23:08| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

西口やきとん@浅草橋

西口やきとんには昨年末にやまと(激安鍋等で有名な居酒屋)で
宴会した後に軽くのみに来た以来でしたが、一人で来たのは
結構久し振りになります。会社の両国の事務所に勤務していた時は
週に2回は来ていた時もあります。
IMG_0239.JPG
今日はいつものボール(氷無しレモンハイ)とレバ刺しを注文。
IMG_0128.JPG
このボールがスーッと何杯でも飲めちゃうんですよねー(苦笑)
もつ焼きやレバ刺しにボールはぴったりなのです。
追加でもつ焼きを3本、サービス小皿をオーダーします。
隣りで立ち飲んでいるお兄さんは浜田さんの居酒屋本を読みながら
飲んでいます。いやー、浜田さんとは野毛でよくご一緒させて
もらいますし居酒屋礼賛の日記にもこのブログを紹介していただく
など身近な方なのですが、こうして見ると浜田さんは凄い人なんだなー
と実感するのです。
と何気にそのお兄さんの隣りで立ち飲んでいる人を見るとなんと!!
吉田類さんではないですか!お連れさんお二人引き連れて立ち飲まれて
いました。実にお店の雰囲気に溶け込んでいます。
02.jpg
さすが立ち飲み業界の重鎮であり先輩ですねー(笑)
ホッピー仙人でも3回ほどご一緒して1度などは2時間ほどお互い
ベロベロ酔っ払っているにも拘らずお話しを付き合って頂いた事も
ありましたので、素面のこの場を利用して改めてご挨拶させて
いただきました。両手で握手していただき名刺交換。
実にフレンドリーな方で大変感激した次第です。
posted by ハル at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

死ね死ね団 結団式

「いつものもつ焼き屋」ファンの、92゙総裁のもと結成された
もつ焼き屋フリークの一団が、本日結団された「死ね死ね団」
なのです。
あたしら世代で「死ね死ね団」と言えば、レインボーマンの
悪役の名前である。このヒーロー物番組の中で歌われているのが、
あの川内康範氏作詞の「死ね死ね団のテーマ」なのである。(映像は別物)
この歌、歌詞に問題があり、後日新しい「死ね死ね団のテーマ」が
出来ている様である。歌詞はもちろんソフトな感じに変わってしま
っているのが残念だ。この初代のテーマは放送禁止歌曲に入っている。
それにしても川内康範は昔からストロングな爺さんだぜ!
さて、「いつものもつ焼き屋」に集いし「死ね死ね団」の方は、
この店の名物を次々注文。
070602_1745~002.jpg070602_1750~001.jpg070602_1812~001.jpg
透明なガラナのビンですな。桜のマークですので、国花=コッカ
ホッピービバレッジのガラナか?
皆さん豪快に食い散らかし(実際にはマナーは良い)
次に向かうは、角打ち。昨年お邪魔した山上酒店に移動します。
070602_1842~001.jpg070602_1846~001.jpg
070602_1846~002.jpg070602_1846~003.jpg
ここのおかあさんは本当にいい人。こんなに大人数で来ても
いやな顔一つ見せずに歓迎してくれる。地元の人が飲んでたので
早々と野毛に移動。でも、あたしだけは皆と別れひとり浅見本店へ
070602_1948~001.jpg070602_1946~001.jpg
この店は威厳のある感じの店構えが大好きなのです。
070602_1928~001.jpg
今日は、これまた立派な神棚を掃除する日で、旦那さんが脚立に
のぼり、さかきを取り替えていた。
結構飲んでいるので、シークーワーサー割で一杯。
070602_1919~001.jpg070602_1927~002.jpg
つまみは、韓国のりとピーナッツ。カウンターの木目が渋いでしょ。
070602_1919~003.jpg
今日ご合い席の地元の先輩。特に右の方の、飲む姿勢が僕の目指す
理想型。肩幅より少し足を開き、胸を張るでなく、うつむくでもなく
自然体の立ち飲み姿。あたしも将来はこんなカッコの良い飲み手に
なりたい。
野毛に舞い戻り、ホッピー仙人で盛り上がり。
070602_2211~001.jpg070602_2211~002.jpg
喫茶みなとでまったりウイスキー。
最後はBASILで〆。
070602_2340~001.jpg
プー子ちゃん、いつも泥酔しているハルさんを介抱してくれて
ありがとう。迷惑掛けてすみません。
今日は疲れた。


posted by ハル at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

BASIL→大来→福田フライ→いつものもつ焼き屋→BASIL→大来

この日も、正確に言うと真夜中のBASILから時系列ではスタート。
070527_0145~001.jpg070527_0145~002.jpg070527_0146~002.jpg
そうです、前日の日記のBarノーブルの後に来てしまったのです。
ノーブルでは両サイドを幸せそうなカップルに挟まれ、
熱い語らいの、ど真ん中で「暗ーーく」飲んでるハルさんは
いたたまれず、決してうらやましい等とは、おくびにも出さず、
いや、たぶんたっぷり顔に出てただろな(爆)
と、言う訳で飲み直しに来たのがBASILなのでした。
ワイン一杯で帰えりゃいいものを、斜め前に開いているのよ
この店が、いかんいかんと思いつつ、大来に入ってしまった。
大来よ君はいかん!
070527_0232~001.jpg070527_0209~001.jpg070527_0211~001.jpg
こんな真夜中にあたしに「タンメン」と「餃子」を食わせるなんて、
いけない店です。
てな訳で、翌日は午後三時ごろまで豪快な二日酔いで倒れていました
が、今日はいつものもつ焼き屋に、飲みを誘っている御仁がいる
頑張ってシャワーを浴び、掃除洗濯を済ませ、福田フライの前を
通るとその友が飲んでるじゃないですか、コンビニで金を下ろして
戻るといなーい。あれ、もつ焼き屋に先に行かれたか?
せっかく福田フライに顔を出したのだから、一杯だけ飲んでくか。
いつもの「チュウハイ」とノブさんが、「桜海老の漬け」を
出してくれたので、速攻飲みなれど大満足。
070527_1910~001.jpg070527_1910~002.jpg
本日の目的地、いつものもつ焼き屋に到着するとあれ?いない。
しまった、メールも入れてなかったので、どこかに河岸を変えたか?
速攻メールを入れるとあたしからの連絡が無かったので、トモに
移動したとの事だが、速攻移動するとの事、約束破りそうだったが
一安心。だが、もつ焼き屋の中には「タロウズ」が待ち構えていた。
ひょえー、これから来る御仁と「タロウズ」のコラボレーション
怖い!怖過ぎる!飲むぞーこれは、恐らく大量飲酒の警報が
発せられたぞ。
070527_1936~001.jpg070527_1937~001.jpg070527_1939~001.jpg070527_1939~002.jpg
あーあ、飲んじゃった、飲んじゃった、キンミヤのボトル空けまくり
ホッピー飲みまくり!もつ食いまくり!
070527_2142~001.jpg
千鳥足で、もつ焼き屋を後にする「タロウズ」!
で、行くんでしょ野毛。行くんでしょBASIL。
また、20時間振り位に戻ってきたよBASILに!
070527_2338~001.jpg070527_2338~002.jpg070527_2338~004.jpg070527_2339~002.jpg070527_2338~003.jpg
ここでも、ワインを飲みまくり。
それにしても、悪そうな業界の客が飲んでますねー(笑)
「タロウズ」は、元気良すぎ!付いて行くのが、ハルさん
やっとだよ。と、いったんお開きしたが、結局、あたしの
たどり着く所は、真夜中の「大来」
070528_0136~001.jpg070528_0145~001.jpg
もしかしたら、あたしは野毛で食い倒れてくたばるかもしれない。
(猛爆)
posted by ハル at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

昼はラーメン古武士、夜は車橋もつ肉店→バジル

今日の昼は、西新宿の尾滝橋通りに復活した(数年前、経営会社が
アポーンしたのね)らーめん古武士につけ麺を食らいに来たのだ。
一時は数店舗展開した人気店だったが、心機一転西新宿に出店です。
実は古武士での実食は今回初めて。
070525_1312~001.jpg070525_1319~001.jpg070525_1319~002.jpg
肝心のお味は・・・、
夜は、石川町5丁目「車橋もつ肉店」にて、もつ食い活動を展開。
070525_1950~002.jpg070525_1953~001.jpg070525_1953~002.jpg070525_2008~001.jpg070525_2009~001.jpg070525_2024~001.jpg070525_1950~001.jpg
もはやこの店の定番商品になりましたね。
「塩ユッケ」その他は、「ナンコツ」「カシラ」を塩焼きで。
「かわ」はタレ。銀さんとご合い席なので、日本酒を飲みます。
お尻に影響があるかも?「ぢごく豆腐」そして、
僕は隠れた名品と思ってる「煮豚」を注文ですが、全て自分だけで
平らげている訳ではない。もちろん殆どの訪問で誰かしらと会うので
お知り合いの方達にも、つまみをおすそわけ。
いや、この店はすでに超人気店になりつつある。
最初に教えてくれた我らがオノケンに大感謝!
さて、横浜市営バス103系統石川町5丁目バス停から向かうは、
日の出町駅前バス停、ストリップ小屋「濱劇」の前でバスを降ります
結局今日も行ってしまう、野毛の新名所イタリアン バル バジル
には数分で到着。
070525_2254~001.jpg
070525_2253~002.jpg070525_2253~001.jpg070525_2253~003.jpg
「赤ワイン」「チーズ」「パルマリッピ社の生ハム」をオーダー。
かなり酔っているので、今日はこれまで。
マスター、みどりちゃん、いつも正体不明になってごめんなさい。

posted by ハル at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

昼はつけ麺「ラーメンむろや」夜は「豚の味珍」

昼は会社から徒歩圏内の「ラーメンむろや」でつけ麺を啜る。
070521_1328~001.jpg070521_1328~002.jpg
相変らず少し寂しい客の入り。
つけ汁が少し苦い?感じの味が相変らずするんだよな。
やはり気になるな、やはりあたしの口には合わない。
新規店開発に行けばよかった。
今度はつけ麺じゃないけれど、四谷三丁目の「温州軒」で
中華そば食ってみよっと。
夜は疲れ切ってたどり着いたのが、横浜の豚の聖地こと「豚の味珍」
070521_2005~001.jpg070521_2006~001.jpg
狸小路の両入口に新たに設置されたネオンの門は、
狸のイラストまで書かれている。
これで地味だった狸小路を説明する時に目印ができて良かった。
070521_1920~002.jpg070521_1920~001.jpg070521_1919~001.jpg
今日は「耳」「ラッパ」「やかん」に「ウーロン茶」
今、ここでの注文はこのオーダーが基本形だな。
梅割りが大好きなので、今までは「やかん」に梅シロップを
うすーーーく入れていたが、最近悪酔いするので、
ウーロン割を注文する事が多くなってきた。
やはり自分じゃ認めたくないけど味珍のやかんで
体力の衰えを感じるようになってきた。
posted by ハル at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

たまらんのー!○○もつ肉店→喫茶みなと→バジル→清香楼(たぶん)

たまらん!
とにかくたまらん!!
夕方になるとこの店を夢見てしまう。
070519_1948~001.jpg
○○もつ肉店・・・。
桜木町で降りず、この店の最寄り駅になるのであろう、
石川町駅の改札を抜けると、今は無き老舗居酒屋「東国屋」の前を
通り、赤提灯「リーバーサイドけいこ」だっけ?の前も通り過ぎると
そこからは寂しい道をてくてく歩く、とにかく歩く。
いい加減それらしき店が見えないので、
少しばかり心細くなった頃、
この店のホッピーのぼりが見えるのよ!
その姿は、砂漠のオワシスだわさ!
藍色の小さな暖簾をくぐると、一気に厨房にいる
おかみさんに注文しに行くのさ!
「ホッピーしろー」「煮込み」「タン塩」「かしら塩」
「てっぽうタレ」刺しものは、「レバ刺し」をオーダー。
070519_1951~002.jpg070519_2019~001.jpg070519_1957~001.jpg
070519_2001~001.jpg070519_1951~001.jpg
腹減ったよーー!喉乾いたよー!
キンキンに冷えた「キンミヤ」を、同じくキンキンに冷えた
ジョッキに入れ、あたし独特の「垂直ホッピー注ぎ」にて、
ホッピーを一気に注ぎ入れ、泡もたっぷり立たしたホッピーを、
一気に胃に入れる。
くーーーーーーーっ!!!
たまらんちーーー!
この時期からの最初の一杯のホッピーは止められまへんなー!
そんな感嘆の思いを「くーっ」などと独り言で言っていると、
「煮込み」登場。
おー「煮込み」もなかなかだねー。
続いて「レバ刺し」が登場!こ・れ・が・う・め・いーーーーっ!!
焼き物もいーねっ!
いかん、あっという間にほぼ一気飲みでホッピーを、
3杯飲んじまった。
興奮しすぎ!
少しは店の雰囲気や、何を頼めば良いかのコツが分かってきたぞ。
ふふふっ、ここはヘビーローテーションの店にしましょ。
・・・・、体が続く限り(猛爆、尿酸値の急上昇が怖えーっ)
さて、野毛にバックし「喫茶みなと」070518_2154~001.jpg
「バジル」070519_0022~001.jpg
清香楼(たぶん)070521_2236~001.jpg070520_2145~001.jpg070520_2145~002.jpg
〆の深夜「チャーハン」をやっちゃったんだな!
記憶なし(爆)

posted by ハル at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

ついに念願のもつ焼き屋へ、「○○もつ肉店」→なぜか〆にバジル

ついに、ついに、来てしまった・・・噂の「○○もつ肉店」へ!
昨年末から、オノチャンには情報をもらっていたが、
いかんせん、店の場所がなんとも・・・、
などと、一流のモツラーを自認しているハル様が、
そんな体たらくで、どーーーするんですかー!!
自分に叱咤激励を入れ、石川町駅から歩いて来ただわよ。
車橋の交差点を渡ると暗闇にぽつんと、ホッピーのぼりと、
もつ焼きののぼりが、見えるじゃあーりませんか。
070515_1919~001.jpg070515_1945~001.jpg070515_1946~001.jpg
予想通りのうら寂しさ。
だけど「一流のモツラー」であり、「モツラー道」免許皆伝の、
ハル様はこの位の店構えにビビるはずがない!!・・・たぶん
店に入ると労働者諸君が、仕事後の旨い一杯を堪能中。
いーじゃないですか!この雰囲気。
猥雑さの中に、そこはかとなく漂う人情の機微。
人生の甘いも、辛いも経験してきた男達だからこそ醸し出す、
渋い加齢臭。
そんなもつ焼きを、心から愛して止まないおやじ達は、
現場帰りでドロ汚れの作業着を着ていても、
心のダンディズムが滲み出ているのさ。
さて、店の中を観察していてもしょうがない。
カウンターに行って注文だ。
厨房にはメガネを掛けたおかみさんと、はち巻きの大将が、
一生懸命立ち働いていた。
カウンターのおかみさんに、注文すればいいんだな。
周りを見渡し、壁に貼ってあるメニューを見ていたら
結構時間が掛かってしまったぞ。
ちょっと、焦り気味でオーダー。
これだけは食べろと指令されてきた、「塩ユッケ」をオーダー
お酒は、キンミヤのウーロン割りだ。
070515_1928~002.jpg070515_1923~001.jpg
「塩ユッケ」のなんとまあ、「ノーブル」な、色と艶!!
旨い、旨過ぎる!!いかん!これは反則だ!!
ブッチャーが、試合前のレフリーによる身体検査をされつつも、
いつも隠し持っているフォークよりも危険で反則だっ!!!
この「塩ユッケ」凄過ぎ!!旨過ぎる!!しかも「や・す・い」
一品目から驚いちゃったハルさんは、大好物の串焼きに移行する
のでした。
070515_1929~001.jpg070515_1929~002.jpg070515_1926~001.jpg
「かしら」「てっぽう」「レバ」とオーダーすると、
丁寧な焼き加減で、出されてきたそれらの品々は、
実に完成度が高い一品でした。
こりゃ横浜のもつ焼き業界に、ビックルーキーが出現しましたなー。
でも、タレの味は、店が若いだけあって熟成していないなど、
細かな点は何かしらあるが、開店数ヶ月ですでにこの味じゃ、
へたなもつ焼き屋じゃ、太刀打ちできねーな。
070515_1925~001.jpg
バクダンホッピーなるものが、メニューあるな。
キンミヤもキープできるみたいだし、ホッピーも
氷無しでもやってくれるみたいだし、今度来た時は
ホッピー三昧だな。
さて、今日も締めは野毛に戻って「イタリアン バル バジル」さ。
070515_2125~001.jpg070515_2115~001.jpg
バジルでは、赤ワインと焼きピーマン。
○○では、肉ばっかりだったので、野菜を摂取。
相変らず、マスターはイケメンで爽やかだねー。
「憎いねー!」
あたしゃ、○○で肉三昧だったので別の意味で、
「肉食いねー!」・・・(猛爆)!
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

味珍→バジル 豚三昧の旅

今日は、味珍→バジルという、渋いと言おうか?何も考えていない
と言おうか?まあ、酔っ払っちゃったら、どの店に行こうが、
どんな順番、組み合わせで行こうが、関係無いのがハルさんの
いい加減さなのであります。
横浜駅西口、モアーズの裏手にひっそりとたたずむ、
狸小路にて際立って異様な雰囲気を醸し出している店が、
あたしが愛して止まない、「豚の味珍」なのであります。
070511_1944~001.jpg
今日は、「耳」と「しっぽ」の豚ダブルをやっちまったぜー。
070511_2032~001.jpg070511_1948~001.jpg
味珍じゃ「一飲み、一豚」と決めていたのに・・・、
この「やかん」を2杯飲んでご機嫌さんになっちまったのさ。
070511_1946~001.jpg
だが、豚摂取だけでは栄養の偏りですぞ。
ここは「ラッパ」で野菜を摂取しましょ。
070511_1948~002.jpg
ご機嫌ちゃんで次に来た店は、バジルさ!
070511_2127~001.jpg
ここに来たらパルマ産の生ハムでしょ・・・。
なんだここでも「豚」かよっ!!
野菜さ、や・さ・い!!
ここは、野菜の冷菜がおいしいのが嬉しいな。
070511_2126~001.jpg
トマトはリコピン?が豊富だったけ?
この掛かっているバジルオイルがイタリアーンを一層引き立ててるね
今日はマスターにこのバジルオイルのレシピを教えてもらった。
今度うちでも作ってイタリアーンしてみよーっと。

posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

君は味珍の梅割りの素「梅の香」を知っているか?

今日も今日とて横浜西口、狸小路にある豚の殿堂、
「味の味珍」にやってまいりました。
今日は調子に乗ってしまい、豚を2皿行っちゃいました。
070419_2157~001.jpg070419_2110~001.jpg070419_2109~002.jpg
もちろん「ラッパ」もオーダー。
今日は「やかん」を梅無しで飲み始めます。
勝手知ったる「味珍」の支店の2階、ママとも顔見知りになり
世間話に花が咲き、もう一杯「やかん」を頼んじゃいました。
070419_2157~002.jpg
今度は「梅割の素」を入れます。
~.jpg
この「梅割の素」はたぶんだが、スコッチウイスキーの
ジョニーウォーカーの空き瓶に入れているように見えるが?
その瓶に「梅割の素」が少なくなってくると当然の事ながら
補充するのですが・・・・、その時あたしは見逃さなかったです。
「マスター、その「梅割の素」はどこの銘柄?」と問うと、
マスターが一升瓶を見せてくれました。
さすがに写真をバシバシ撮る訳にはいきませんでしたが、
しっかり頭の中に記憶しましたよー!
味珍で使われてるその「梅割の素」は・・・「梅の香」であります。
磯子区丸山2-24-3 丸新飲料(湘南ミッションボトリング株式会社)
・・・???
この業者さんの名前でピンと来たそこのあなた、
角打ち好きでしょ?(笑)
そうです、神奈川の居酒屋さん、角打ちの出来る酒屋さんの多くで
扱われている、ソーダ水・レモンハイソーダ等で有名な
「ミッション」のメーカーなのである。
横浜の味珍が、横浜で作られている「梅の香」を使っているのは
嬉しいですよね。
さて、ということは丸新飲料で「梅の香」は買えるのかな?
今度、問い合わせをしてみよう。
そうすりゃ、家飲みで焼酎の梅割が楽しめるなー。


posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

本当に「豚の味珍」に住んでやる!!

本当に「豚の味珍」に住んでやる!!
礼金・敷金も払ったしなー・・・・
と、言う位に食ってるぞー!・・・豚を。
豚の味珍にまたもや登場。
いつもの尾・ラッパ・ヤカンにお茶割りの
鉄観音茶を注文。
070406_1926~001.jpg070406_1922~002.jpg
070406_1922~001.jpg070406_1923~001.jpg
この店には知り合いの常連さんもいないので、
カウンターで比較的暗めに飲むのがここでの僕のスタイル。
案外この支店の2階には一人客がいないのは何かさびしい
今度は常連一人客率が高い1階のカウンターで飲んでみようか?
ちょっと常連率が高くびびり気味。
前に1階のカウンターで飲んだ時は、川崎球場時代の大洋の
話で大盛り上がりだったけど、渋い先輩ばかりんだよねー。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

あたしゃここに住んでんのか?横浜西口「豚の味珍」

あたしゃここに住んでんのか?と思う位に帰り
に寄っていく「豚の味珍」なのでしたが、
上には上の先輩方がいて、ほぼ毎日来ると言う
泥酔光線出しまくりの年配の人も実際いる。
まるで豚が主食じゃないかい。若いねー!
この頃は女性のお客も多くなってきた様だが、
まだまだ癖の強い先輩連中がたくさん飲んで
いる事も報告しておこう。
でも、僕はこういうだめだめ光線を出しまく
っている泥酔な先輩達も嫌いじゃないです。
070315_2000~001.jpg070315_2000~002.jpg
今日は「尾」「ラッパ」「ヤカン」お茶割りの「お茶」を
注文。
ヤカンは梅割りよりお茶の方が酔い心地が優しいな。
酒に弱くなってきたハルにはピッタリな飲み方です。
と言っても酒がだんだん弱くなっていくのは本当にさみしい
ものです。(弱気)

posted by ハル at 00:00| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

ヘビーローテーションで訪問中!豚の味珍 今日は耳だぜ! 

ヘビーローテーションで訪問中の豚の味珍に「耳寄り」の
話が有るとの事なので、今日も来たのだ。(嘘)
まー今日も耳だぜ!もちろんラガービールとラッパも注文。
070308_1904~001.jpg 
コラーゲンいっぱいだぜ。
070308_1904~002.jpg
くーったまらんこの「耳」の照り具合。
これだから味珍参りはやめられねー!
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

ありがとう濱野屋。またどこかで会おう。そして飲ませろ!

たりらRilaちゃんからのメールで味珍から野毛の濱野屋へ到着。
_.JPG
今日はたりらRilaちゃんの旦那さんも来られると言う事
だったがまだ到着していない模様。
おーっ、さすが今日はこの店の閉店を惜しむお客で一杯だ。
うれしいなーこんなにも濱野屋ファンが来てくれたなんて。
かく言うあたしも散々もつ焼きの焼きが悪いだの、もつ煮と
しゅうまいだけの専門店にしろなど、このブログで毒吐き
まくって来た事をマスターにここで詫びたいと思う。
いしちゃん、本当にどこかで店やるようだったらホッピー仙人
に飲みに来てよ、その時に再開店先を報告してよ。
この店のつまみとホッピーは本当に美味かったぜ。
思い出に残る店だった。
こういうまじめに営んでいるお店が野毛から無くなるのは
実に寂しいものだ。
ホッピー仙人でもこの店でも良く会うお客さんのWさんから
ハンバーグをいただきました。美味しく頂きました。
070228_2033~001.jpg
さて、煮込みが有る様なので名物「煮込み」を注文。
070228_2032~001.jpg
たりらRilaちゃんの旦那さんも到着してみんなで乾杯。
そうこうしている内に続々とお客さんが来店。
さー長居は無用。他のお客にも最後の濱野屋を味わって
もらいたいので三人でホッピー仙人に移動だ。
マスターまたどこかで飲ませろよー。
再開店期待しているぜ!
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

野毛入りの前に。豚の味珍 久し振りの「かしら」

今日は野毛の濱野屋の最終営業日なれど、閉店を惜しむ常連さん
で店は一杯なんだろうなーてな訳で、直接野毛入りは避けて、
横浜西口の狸小路の豚の味珍で様子を見ましょうか。
070228_1926~001.jpg070228_1927~001.jpg
こういう時に携帯で現地の様子が知り合いがいればだけど
確認できるなんて良いご時世になったもんだぜ。
今日の豚の味珍は本店1階、支店1階とも満員ですねー。
この状態の時は迷わず支店の2階に。
この店名物のロッククライミング的急階段をよじ登る感覚で
上がっていきます。
この2階のマスターには他の客にコートを間違われて持って
行かれた時に世話になって以来、顔を覚えてもらっていて
気軽に入れるのが良い。

さて今日は最近ヘビーローテーションしてる味珍で、
案外注文していなかった「頭」=「かしら」を注文。
「ラッパ」「やかん」を続けて注文。
070228_1929~001.jpg
ふふふっ、ここの基本はやっぱ「かしら」だな。
間違いない!!美味し!!
「やかん」をゆっくり飲みながら、濱野屋の込み具合を
やはり今日の濱野屋の閉店を惜しみ野毛入りしている
たりらRilaちゃんにメールすると込んではいるが
入れそうだわ。
さて、濱野屋へ向かいますかー。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

ラスト3日だ「濱野屋」

閉店までラスト3日になった「濱野屋」は閉店を惜しむ客で
満席だったようだが、タイミングよくカウンターに座れた。
ありゃー今日は「煮込み」がおしまいですって。
しかたなく「煮玉子」「しゅうまい」「ホッピー」を注文。
070226_1949~001.jpg070226_2000~001.jpg070226_2022~001.jpg070226_1934~001.jpg070226_2003~001.jpg070226_1935~001.jpg070226_1950~001.jpg
あたし的には珍しく「かしら」を2本塩で焼いてもらう。
今日のもつ焼きは良い焼き加減。
最後の最後で良いもつ焼きを提供してくれました。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。