2007年05月06日

ホッピービバレッジのアセロラは赤くない ホッピー仙人にて

ホッピー仙人でホッピーを飲む事は、もちろん楽しみなのだが、
ホッピービバレッジのサワーを、飲むのも楽しみの一つなのである。
最近は「青りんご」をよくオーダーしていましたが、
今日はお久し振りの「アセロラ」。
このメーカーの「アセロラ」は赤くない。
070505_2150~002.jpg
でも、しっかり「アセロラ」の味。
むしろ、「赤しそ」サワーの方が赤いですな。
070505_2149~001.jpg070505_2148~002.jpg070505_2148~001.jpg
「俺、やきとりの缶詰好きなんだよねー。でも、開かないや
お手上げだね」


posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

ホッピー仙人にお久し振りの藤子ちゃん来店

この日ホッピー仙人にお久し振りの藤子ちゃん来店。
070504_2009~001.jpg070504_1958~002.jpg070504_1959~001.jpg
あれれ、あたしが藤子ちゃんに撮られちゃってるよ。
今日は常連さんばっかりのホッピー仙人。
藤子ちゃん、久し振りの野毛を楽しんでくれたかなー?
070504_1958~001.jpg
今日のホッピーは黒でスタート。
この日はリラックスできたなー。
さて、これで帰るハルさんではない!
070504_1848~001.jpg
○豊で「スクランブルエッグ」と「レモンハイ」
美味かった。

posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

今日は常連さんでいっぱいでした。「ホッピー仙人」

ホッピー仙人も最近は新規のお客さんがその後も通って
来る事が多くなり、全然知らないお客さんも多くなってます。
が・・、今日はオールスターズ的な、みなさんでいっぱいです。
070421_2138~003.jpg070421_2138~002.jpg070421_2120~001.jpg
あたしは黒ホッピーからスタート。
ホッピー仙人恒例のみんなで乾杯。
070421_2022~001.jpg
2杯目は最近良く飲んでいる「青りんごサワー」をもらます。
いろいろ他のメーカーの「青りんごサワー」を飲んだけど
ホッピービバレッジのこいつが一番美味いな。
だけどオノちゃんのホッピーの飲みっぷりは、
いつもながらイイねー。

posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

ホッピー仙人で醤油豆

福田フライを出て濱野屋の前を通るとシャッターが
閉まっていた。
当たり前だが改めて濱野屋が閉店した事を思い知る。
さて、この店はこの後どんな店が入るのだろうか、
なんて言っていたら数日後、中年のおばちゃんが
一人でやっている小料理屋?スナック?
みたいなものが寂しく開店していたわ。
さーFFの次に向かうは「日本一のホッピー」を出す
都橋商店街2階214番の「ホッピー仙人」でございます。
いつもの階段をトントントンと上がって行くと
そこにはホッピー仙人の看板が、輝いています。
@?.JPG
やはりいつもの立て付けが重厚な?ドアを開けると
ありゃ、今日も居酒屋礼賛の浜田さんがいらっしゃいました。
仙人に「白キン」を頼んで皆さんと乾杯。
070306_2109~001.jpg
今日の仙人のお客さんは3人だけのマッタリモード。
ひろたろうちゃんの長野みやげの醤油豆をご相伴に預かります。
070306_2118~001.jpg070306_2118~002.jpg
この醤油で炊かれた豆はホッピーに実に合うねー。
さすがひろたろうちゃんは「常連の酒豪美女」(ニヤリ)
らしいのでつまみの嗜好が良いねー。美味しかったです。
ごちそうさまでした。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

ハマのホッピー伝道師ことホッピー仙人

味珍を出て向かうはハマのホッピー伝道師ことホッピー仙人に突入です。
ХЬ@??????.JPG
先週土曜日以来の営業。
正月明けはお休みが続いていましたが週明けから通常の営業のようですが、臨時休業も予定されているようなので、仙人HPで確認してください。
店に入るとご新規さんもいましたが、ほぼ野毛オールスターの面々で店内は熱気ムンムンです。
ホッピーは白が切れたとの事で、いわゆるあたしハルが言うところの「黒三」=「黒ホッピーと三楽焼酎」を注文。
??〓〓〓[.JPG
久し振りの仙人のホッピーは体中に染み渡るぜー。
posted by ハル at 20:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

2006 ラスト野毛

今日が今年の野毛納めになります。
まずは「ホッピー仙人」へ
??????.JPG
仙人今年もお世話になりました。クニさん、馬治さん、オノチャンと一緒に飲めました。
次に1階の「○豊」へ
[????〓±.jpg
レモンハイと金魚を飲んでさくっと店を出ます。
何か食べたいと思い野毛小路に行くと、当然FFはやっておらずその他の店の多くも正月休みに突入。だけど、福田フライや末広がやっていないだけで野毛小路は、かくもあんなに寂しい通りになっちまうんだろう?
三陽もガラガラで元気なかったなー。「鳥芳」はやっていたけどほぼ満席。
こういう時の「トモ」なのだが、今年課題で残った例のものをまだ食べてないなーと思いつつ、やっていましたよ「第一亭」!!
061230_2124~001.jpg
「えらい!あんたはえらい!!」By小松政夫 師匠
がらーっと引き戸を開けるとMASHさん達が座敷でお食事中。
どうもどうもで来年も宜しくお願いします。
さて、いきなり例のあれを注文する前に、ビールで落ち着き、
061230_2101~002.jpg061230_2117~002.jpg
一品目は「豚足うま煮」を注文します。
061230_2101~001.jpg
これが「うま煮」と言うくらいで美味いにー!!(汗爆)
さて、ジョー・カルビさんに薦めてもらっていたのに未だ未食で課題だった例のあれを注文。
その名は「パタン」
061230_2107~001.jpg
他のお客さんの注文と間違えているんじゃないかと勘ぐる程の超速攻提供。麺は作り置きかー?しかし、麺はシコシコしていてバカウマ!!
ニンニクとごま油?の風味も効いていてこれは美味いですねー!
賄い料理の範疇でしょうが、おなじく賄い料理から発展したつけ麺に通じるジャンキー&ソウルフルな麺料理であります。
さて、野毛を後にし地元 茅ケ崎のスタンディングBar Daoでスタンダードカクテルをニンニク臭い息を吐きつつ深夜まで飲むのでした。(爆)
posted by ハル at 10:48| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

ホッピー仙人 ご満悦

クリスマスプレゼントをお客さんからもらって、ホッピー仙人 ご満悦!
061223_2117~001.jpg
posted by ハル at 00:00| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

金毘羅 大鷲神社 「一の酉 」ホッピー仙人写真部 撮影会と角打ち街道散策 2

「角打ち街道」ホッピー仙人命名ですが、ほんとうに今日来た三吉橋を越えたエリアは、普通の商店が無い代わりに、酒屋だけが多く点在する我々にとっては嬉しい「角打ち」天国エリアなのです。
IMG_1951.JPGIMG_1953.JPGIMG_1955.JPGIMG_1958.JPGIMG_1961.JPG
「山上酒店」
ここは、やさしそうなおかあさんがやっている角打ち。
横浜高校の甲子園出場記念の昔なつかし風な「ペナント」が壁いっぱいに張られていた。関係者が横浜高校野球部かな?
このあと皆さんと一旦別れた後、後程訪問する「かまくらや」を教えてくれました。
IMG_1967.JPGIMG_1968.JPGIMG_1970.JPG
「新井酒店」
ここは、カウンターが無い座れる「角打ち」。なぜか我が軍団はこの店で「横浜市歌」を歌って珍しがられる。ここのご主人とおかみさんもとても感じの良い対応で、またぜひ再訪しなければ。
さて、ここで一旦野毛に移動する皆さんと別れて「かまくら屋」へ偵察に。
IMG_1977.JPGIMG_1975.JPGIMG_1974.JPG
三楽のカップ焼酎とするめ。日本シリーズを見ながら隣の先輩と野球談義。
さて、野毛に移動したみんなとホッピー仙人で再合流しますか。野毛まで千鳥足で移動です。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金毘羅 大鷲神社 「一の酉 」ホッピー仙人写真部 撮影会と角打ち街道散策

今日は企画をしてから随分と時間が経ってしまいましたが、懸案となっていた横浜橋商店街周辺の角打ちの探索を、大鷲神社の「一の酉」に合わせて行いました。
仙人を始めとする、ホッピー仙人写真部部員と写真部と別行動ですが、オープン参加の伊藤さん・Sgrさん達と、立派な看板の酒屋さんの「浅見本店」の角打ちカウンターにて集合待ち合わせです。
IMG_1874.JPGIMG_1872.JPGIMG_1873.JPG
皆さんそれぞれ好きな飲み物で軽く喉を潤し大鷲神社へ出発です。
一の酉には、初めて来ました。昔に比べて人出も屋台も少なくなったと言われていますが、なんのなんの結構な賑わいです。
早速撮影を始めますが、なかなかどうして、ネタ撮影的には困らない感じです。ニャリ、いきなり来ました。
IMG_1875.JPG
「アイドル好きな爺さん」
嬉しいですねー。いきなり今日のナンバーワンショットが撮れちゃった。
あーこれで気が楽になったぜ!せっかく「一の酉」に来たのだから、大鷲神社にお詣りしなくちゃ。
IMG_1883.JPGIMG_1887.JPGIMG_1889.JPGIMG_1891.JPG
お詣りを済ませて、写真部一同途中の韓国屋台等で買い物をしつつーの、昔屋台だった立ち飲み屋で一休みーの、買い物したつまみを楽しみつつの路上座り飲みーのと、やはり我々ホッピー仙人写真部は、濃ーい楽しみ方をするのでした。
IMG_1878.JPG
「僕の子供の頃にはこういう屋台は無かったなー」
IMG_1879.JPG
「この鮎の塩焼きは美味そうでした」
IMG_1884.JPG
「お面の屋台ではお約束の2ショットですねー」
IMG_1895.JPG
「韓国料理の屋台が多いのもここの特徴かな」
IMG_1896.JPG
「売り子さんはヨン様なのだ」
IMG_1897.JPG
「赤いドラえもん」
IMG_1899.JPG
「なにやらエロい食べ物」
IMG_1903.JPG
「たこ焼き屋のタコ、これ丸ごと入れるのでしょうか?」
IMG_1908.JPG
「ベビーカステラの屋台の様だが?ちんちんは熱いという意味があります」
IMG_1913.JPG
「道端で座り飲み」
さて、今日のもう一方のお楽しみである、角打ち街道散策に向かいます。
IMG_1916.JPGIMG_1917.JPG
「昔、お袋にねだって、よくこの様な新幹線で遊んだものです」
横浜橋商店街を抜けて三吉橋演芸場を横に見て橋を渡って少し行くと、
IMG_1924.JPGIMG_1922.JPG
「長島酒店」があります。
IMG_1930.JPGIMG_1936.JPGIMG_1935.JPG
ここで先ほどの浅見本店で別れた伊藤さん御一行と再合流。
この近くで5軒程、角打ちしてきたとの事。さすがですねー。
皆さんで、乾杯!
IMG_1934.JPG
この店は僕的には酒メーカーグッズをさりげなく飾っていて視覚的にも飽きない店でした。
つまみはほうれん草のお浸しと乾き物程度でしたが、角打ちの王道を行っている酒屋でしたねー。
IMG_1939.JPG
さて、角打ち連続入店の前に小腹空きの解消に焼きそばで有名な「磯村屋」にみんなで入店。
IMG_1947.JPGIMG_1942.JPG
焼きそばの三色とおでんで一息入れます。
IMG_1940.JPGIMG_1945.JPG
ここは雰囲気が良いですねー。横浜にはまだこういう店が案外残っているのが、この街の懐の深さだと思います。店に置いてあった、旧日本海軍の二式大艇と言う飛行艇のミニュチュアモデルの名前を一発で言い当てた、びゅう兄さんの懐の深さも相当なものでした。(笑)
続きは明日・・・UPします。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

秋は黒ホッピーが美味いです。ホッピー仙人

秋になると各ビールメーカーは秋限定の濃いめのビールを発売しますが、最近は発泡酒、第三のビールに押されて以前に比べて、注目度が低くなってしまいました。そんな中で黒ホッピーは、この秋僕の立ち入り先では、かなり飲まれ始めました。
061017_2130~002.jpg
気温が低くなるとスッキリな白ホッピーより黒なのでしょうか?僕はホッピー仙人では年間通じて白6:黒4の割合で飲み分けています。ホッピー仙人では今年もヌクッピーを出し始める季節が近づいてきました。
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

青空のち雷雨ホッピー開催

今や毎年恒例となりました、ホッピー仙人主催「青空ホッピー」の開催日がやってまいりました。わたくしハルは、昨年ホッピーの大量摂取による泥酔状態に陥り、後片付けもお手伝い出来ず、挙げ句の果てに、上大岡「じぃえんとるまん」にて立ち飲みならぬ、伝説の「立ち寝」の技を皆さまにご披露すると言う醜態をさらしてしまいましたので、今年こそは往きの荷物運びのお手伝いだけでもと、やって来ました、午前11時のホッピー仙人。tamさん、カジさんもお手伝いに来て、樽ホッピー3本
IMG_1769.JPG
やサーバー、炭酸ガスボンベ等の野外ホッピーセット一式を仙人の愛車ジャガーに載せ向かうは、いつもの会場、海の公園であります。
現地に着くと我々は荷物運び&セッティング。仙人は車を仙人のご実家の、駐車場に置きに分かれました。サーバーのセッティングはカジさんお手のもの。
IMG_1750.JPG
あっという間にセッティング終了。仙人も戻って乾杯!の直前に・・・。来ました公園管理事務所の見回り車が。まー別に悪い事なんてやってないのですが、目印のホッピーのぼりを出すな、ホッピーサーバーを目立たない所へ移動しろとの事。つまり営利目的の催しに見えないようにしなさいと言う事です。
IMG_1755.JPGIMG_1759.JPGIMG_1761.JPGIMG_1752.JPG
まー事を荒立てるのも大人げないので素直に従い、気を取り直して乾杯!今年はお盆直前との事も有り仙人の催し物にしては若干寂しい20名程のメンバーではありますが、居酒屋礼賛の浜田さんや横浜の居酒屋を語らせたら右に出る者はいない、伊藤さん改めiiさんも参加いただき、実に少数精鋭ではありますが、個性派集団の集まりとなりました。
IMG_1754.JPGIMG_1762.JPG
つまみは各々持ち寄ると結構な種類と量で満足します。
IMG_1756.JPGIMG_1757.JPGIMG_1758.JPG
盛り上がりも最高潮になった頃、一転黒い曇り空となり、スーッと冷たい風が吹き出しました。これは来るな!遠くの方でイナ光。殆どなく雷雨が襲って来ました。管理事務所の屋根が有る休憩所に名誉の撤退をします。
IMG_1765.JPGIMG_1766.JPGIMG_1764.JPG
がー、我々ホッピー仙人軍団はただでは済ましません。まだ、やみ終わらぬ雷雨をもろともせず、ただひとつ、先程の場所で頑張っている(重たくて移動しませんでした)ホッピーサーバーに残っているホッピーの救出に向かうのであります。つまりホッピーサーバーにホッピーを注ぎに行っただけですが、雷雨などもろともせず、ずぶ濡れになろうがホッピーを注ぎに行く、ホッピー仙人スピリッツを見せつける軍団なのです。
IMG_1767.JPGIMG_1768.JPG
小一時間で雨もやみ、今年は閉会です。皆さんお疲れ様でした。来年もまたよろしくです。
さて、僕を含む数名のメンバーは今年も上大岡じぃえんとるまんに突入しました。
IMG_1771.JPGIMG_1773.JPGIMG_1775.JPG
今年は「立ち寝の技」なんてやりません!!ホッピーを飲みながら青空ホッピーの反省会でした。
京急で日の出町に戻り向かうは、ホッピー仙人です。
〓〓〓[ХЬ@????.JPG
春吉君曰わく仙人は自覚が出てきたそうで、きっちり営業しています。青空ホッピーのお疲れ様で、またもやホッピーで乾杯!立ち飲みのお客さんも出てきたので、次の店に春吉君と移動します。
続けざまに福田フライに突入し、
060812_2025~002.jpg060812_2025~001.jpg
何故か仙人のところへ舞い戻りお開きとなりました。
posted by ハル at 14:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

ホッピー仙人と行く宮崎本店工場見学会 名古屋の2日目は名古屋城の見物からスタートです。

さて、この旅行1日目は宮崎本店での工場見学、大須観音界隈の楽しい散策、名古屋は錦でのBAR&ホッピーと充実感たっぷりでしたが、2日目は名古屋城の見学を朝から真面目にするのでした。
IMG_1672.JPGIMG_1675.JPGIMG_1674.JPGIMG_1678.JPG
仕事で名古屋には来ていますが、案外名古屋城に来る機会なんてあるもんじゃありません。こんな機会じゃなきゃ又、いつ来れるか分かったもんじゃなありません貴重な見学です。

IMG_ 1681.JPG
いゃーでかくて立派なお城ですねー、さすがの一言。
rodeo boy〓.JPG
あたしゃ、ロデオボーイUに乗っているわけではない!!

天守閣の最上階のお土産物屋さんで、名古屋城限定物のグッズを見つけました。
060729_1144~002.jpg060729_1144~001.jpg060729_1142~002.jpg
キティーちゃんが金の鯱の車に乗っています。無茶なデザインであります。金の鯱の置物は、お約束ですねー。(笑)

資料館も見学のしがいがあって午前中いっぱい使って見学しました。
さてこの時点でホッピー仙人から三人のホッピー仙人ファミリーに名古屋に遊びに来ないかとの「フィッシングメール」をいれます。
一人目の角海老ファンでもあるSーさんにメールも昨夜の飲酒による二日酔いでダウン中の返信。
お次はクリーチャーO野ちゃん。返信は実につれなく、それこそ釣れず。
三人目の春吉にメールします。しばし後に返信・・・ハハハーッ遂に釣れました。やったー、なんと今から名古屋に来るとの事。
仙人曰わく三割三分三厘の打率だねとの事、イチロー並みの高打率で釣れました。それにしても春吉は本当に名古屋に来るのかなー?まだこの時点では皆疑っていました。

※新鮮な先っぽ料理に舌鼓!

午後はカジさん行きつけ今池のBAR NYXのマスターの白石さんに前日に続きお付き合い頂き、尚且つ車まで出して頂き向かうは、カジさん大推薦の魚の美味い活魚料理 民宿 あら井です。
カジさんのふるさとの大府までJRまで移動します。駅前には耐震強度問題で有名になったホテル アズイン大府が耐震補強を終えリニューアルオープンしたそうです。
IMG_1687.JPG
話題の名所ですなー。
ここから白石さんの車に乗せて頂き出発です。交通量の少ない高速道路を眺めの良い風景を楽しみつ車を飛ばすとあっという間に到着しました。
IMG_1689.JPGIMG_1701.JPG
お目当てのあら井に到着すると二階の立派な座敷に通されます。客は僕らだけでしたので贅沢な空間です。早速コースを頼みしばし待つと…きっ来たーっ!!
IMG_1694.JPGIMG_1692.JPGIMG_1695.JPGIMG_1696.JPGIMG_1697.JPGIMG_1698.JPG
060729_1353~001.jpg
新鮮な魚介類の数々。特にこのヒラメの活き造りは人数分を超えた迫力満点のボリュームと新鮮さ。ビックリしました。
IMG_1699.JPG
大熊君、新鮮な魚介類を堪能中。
IMG_1690.JPGIMG_1700.JPG
いけすから好きな魚も選べるようです。

何を食べても「うまい」と言う単純な言葉しか連発できない自分のホキャブラリーの貧弱さに、やんなっちゃう位です。
帰りにはやはりカジさんお勧めの干物屋の三井屋で穴子の干物をお土産に買って帰りました。
IMG_1703.JPGIMG_1702.JPG
(家では、半分炙って食べ、残った半分は後日炙った後、ウナギの蒲焼きのタレにくぐらせ、ウナギのひつまぶしと同じ要領で「穴子の混ぜご飯」にして食べました。これがバカ旨でした。)

帰りは午前中のメールで見事連れた春吉君と落ち合う為に、JRの大府駅まで白石マスターに送ってもらいました。マスターとはここで一旦お別れし夜お店に、伺う約束で分かれました。
夕方からは今回の旅の課題店のひとつである名古屋を代表する老舗居酒屋の「大甚」に向かいます。春吉君とは店の前で待ち合わせです。
名古屋駅から伏見の交差点までタクシーに乗りましたが少々マナーの悪い運転手でしたので、カジさんに「優しく」たしなめてもらいました。
さて、車を降りて皆で店まで歩いて行くと、いました春吉です。メールで釣られた時は皆で笑っちゃってましたが、実際ここまで追っかけて来てくれると一同感動、感心。皆でよく来た、よく来たと褒め称えました。

060729_1934~001.jpg

春吉お前、男だよ!凄いぞ、洒落の分かる男だねー。」

IMG_1704.JPG060729_1607~001.jpg
早速「大甚」に入ると丁度人数分の席が空いていてほっと一息。この旅は待ち時間が無くストレスになりません。
060729_1634~002.jpg060729_1652~001.jpg
「大甚」は東京は十条の「斎藤酒場」と野毛の「武蔵屋」を合わせた様なお店かな?久し振りに見た店の親父さんは相変わらず派手なブランドのめがねでキメテいて、夏だからでしょうかエドウィンの短パンのデニムをはいて店の中を忙しそうに歩き回っています。
最初は全員「生ビール」で乾杯します。
060729_1611~001.jpg060729_1726~001.jpg
つまみは奥のカウンターに魚介類が、手前のテーブルに小皿に盛られたつまみが並んでいて、選ぶのに一苦労です。つまみが豊富なのがいいですねー。お酒は加茂鶴の杉樽から供されます。
060729_1613~001.jpg060729_1613~002.jpg060729_1642~001.jpg
鳥貝の酢味噌和え・名古屋風の芋の煮ころがし・赤味噌のぬた・白あえ・新はえ(フナの子?)と川エビの佃煮

二杯目は日本酒組と黒ビール組に別れますがつまみ的にはどの酒にも、ここのつまみは合うのでした。「大甚」は本当に名古屋の宝の様な店です。

※夜の今池に繰り出せ!!

名古屋の至宝「大甚」で、春吉君を歓迎した後は、一旦ホテルに帰り、向かうは今池のBar NYXの白石さんのお店ですが、まだまだ我々には課題店が残っているのです。
栄から地下鉄に乗り、JR名古屋駅のホームにある立ち飲み「どえりゃあ停」を目指します。
IMG_1706.JPGIMG_1707.JPG
ホームに佇むその姿は、路麺の店にしか見えませんが、中に入ると立ち飲み屋を楽しむおじさん達でイッパイでした。
IMG_1709.JPGIMG_1712.JPGIMG_1714.JPGIMG_1713.JPG
 味が良く染みたおでんの「大根」と「味噌カツ」
メニューが豊富で安いのですが、これでも少し値上げたそうです。仕事帰りにちょっと一杯にはもってこいのロケーション。我々の場合は名古屋出張の帰りに、新幹線のギリギリの時間まで飲めますなー。
さて、電車に乗って今池に移動します。今池は懐かしいですねー。昔、岐阜県に赴任していた時に、よく上司に飲みに連れられ来たものです。
IMG_1716.JPG
ピカイチはドラゴンズファンの集まる台湾料理の店で、中日の選手はもとより、他チームの選手も来店します。昔、ヤクルトの高津投手を見掛けたなー。
IMG_1717.JPG
大衆演劇の劇場もあります。
駅から徒歩で今池の街を散策しながらピカイチや大衆演劇の店の横を通り、カジさんお勧めの大阪風のお好み焼き屋と味噌おでんの店を目指します。
IMG_1718.JPG
お好み焼き屋の今池屋は満員で入れず、二手に別れて、ハルと仙人は先に味噌おでんの「おすみ」に味噌おでんや鰯の煮付けを楽しみながら待機します。
IMG_1722.JPGIMG_1724.JPG
店では人の良さそうなおばちゃんの女将に、常連客のおじさんがチュウハイの焼酎の量が少ない、ツーフィンガー入れろとの指令が入ってます。隣りの客はフィンガー5だなんて訳分かんない事言っておばちゃんをからかっています。(それじゃ焼酎がジョッキ半分だよと心の中で突っ込みました)
IMG_1719.JPGIMG_1721.JPG
残念ながらお好み焼きの今池屋は入れませんでしたので、お好み焼きのお土産をNIXに持って行く事になり移動します。
「おすみ」から徒歩数分で白石さん(おやじバーテンダーさん)のお店 NIXに着きました。
IMG_1725.JPG
IMG_1727.JPG
照明を落とし目にした店内は落ち着いた雰囲気。レアなモルトもかなりバックバーに並んでいて、なかなか良い感じのBarでした。
IMG_1728.JPG
暗くて分からんだろうけど、白石マスターによるホッピー製作風景。ホッピーは330だが、焼酎はキンミヤを使用。タンブラーもキンキンに冷えていて、三冷(仙人のところでは三キン)の正当なホッピーをいただけたのは感心しました。この作り方をしているのは名古屋でも希少な店だと思います。
IMG_1729.JPG
店に飾ってある調度品がまた良い趣味してるんだわ。バーミラーや昔のポスターなどハルの趣味とバッチリ合っていて、近所に有ったら通うちゃう店ですね。
ちなみにこの豚は・・・あたしじゃない!!

さて、本当に白石マスターお世話になりました。地下鉄の今池の駅から栄に戻った我々はここで解散。僕は錦の某Barに締めのカクテルを飲みに行きましたとさ。

翌日、皆で味噌煮込みうどんを食べ、僕はついでに帰りの名古屋駅新幹線ホームの立ち食い きしめんまで貪欲に名古屋めしを摂取して帰還したのでした。



posted by ハル at 00:23| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

ホッピー仙人と行く宮崎本店工場見学会1日目

※名古屋での昼飯は、櫃まぶしの「いば昇」

ホッピー仙人のご尽力で、キンミヤ焼酎のふるさと、三重県の宮崎本店さんの工場見学に行ける事になりました。
メンバーは、ホッピー仙人、カジさん、ハルの3人と夕方に合流の大熊氏の4人です。カジさんは先に名古屋入りしているので仙人とハルの2人で新幹線にて名古屋入りです。カジさんに名古屋駅に迎えに来てもらい。ホテルに荷物を置くと昼飯をうなぎの櫃まぶしで有名な「いば昇」にてとる事にし、早速カジさんに案内してもらいました。
IMG_1586.JPGIMG_1587.JPG
お目当ての「いば昇」はホテルからすぐの所にあり、名古屋の錦の歓楽街にあってひときは渋い佇まいのお店でした。いやがうえにも期待しちゃいます。
店に入り3人と告げると奥の座敷に通してくれました。待たずに入れてラッキーです。座敷には既にかなりのお客さんがいましたので入店時間的にはギリギリのところだったようです。(この後もカジさんのナイスコーディネートにより、旅の最後まで実に無駄なく行動できたのでした。感謝)
周りのお客さんは年輩者が多く、お銚子の追加も柏手を打ってお運びさんを呼んでいます。正に池波正太郎の世界みたいです。
さて周りをキョロキョロしている内に、「櫃まぶし」の登場です。
IMG_1588.JPGIMG_1590.JPG
お櫃に入ったそれは少し蒸されて程良い感じになっていました。早速皆で取り分け「最初の一杯」を頂きます。
IMG_1591.JPG
カジさんによるとこちらのうなぎは蒸さない関西風との事でしたが、仙人もハルも一杯目から旨いを連発します。「二杯目」は刻みネギと本わさひのすり下ろしを混ぜて頂きます。
IMG_1592.JPG
これが激旨!!仙人も絶賛しています。続けて「三杯目」をお茶漬けで楽しみます。
IMG_1593.JPG
こちらは飲酒後の締めの一杯に最適ですねー。カジさんによると昔食べ物が少なかった頃、少ない量のうなぎをいかに皆で分け食べるかの工夫によって出来上がった物だと教えてくれました。たしかにご飯に刻んだうなぎを混ぜると、うな丼などより少ない量で楽しめます。
いやー最初の店から大満足なのでした。店をあとにすると入口にはお客さんの行列ができていました。あー本当にナイスタイミングの入店でした。

※本当に来て良かった。宮崎本店の工場見学

ホッピー仙人のご尽力により、キンミヤ焼酎のふるさと宮崎本店さんの工場見学がついに実現したのでした。
名古屋は錦の「いば昇」を後にし、カジさん行き着けの今池の「BAR NYX」のマスター白石さんをお誘いし、計4人での訪問となりました。名古屋から近鉄に乗り最寄り駅、楠駅に降り立つと駅前には何ーんにもありません。(笑)
IMG_1595.JPGIMG_1594.JPGIMG_1598.JPG
タクシーの営業所が有ったので、皆で乗車し宮崎本店に向かいます。社長さんは県外に出張中で、次長さんと工場長さんに工場見学の案内をしていただく事に。
IMG_1614.JPGIMG_1612.JPGIMG_1600.JPGIMG_1601.JPGIMG_1602.JPGIMG_1608.JPG
応接室で一休みです。
IMG_1606.JPG
応接室に飾られていた昔の酒壷 亀甲宮のロゴがカッコイイー。
IMG_1609.JPG
最初に宮崎本店さんの会社の紹介ビデオを見ました。
弘化3年(1846年)創業の歴史ある蔵元です。
IMG_1611.JPGIMG_1610.JPG
防腐材の黒いタールで塗られた宮崎本店の古い建物は趣があります。敷地も1万坪にも及ぶ広大なものだそうです。
IMG_1615.JPGIMG_1616.JPG
鈴鹿川のほとりに工場は有り、地下150mの井戸で鈴鹿連峰から湧き出る伏流水をくみ上げているそうです。
IMG_1623.JPG
昔は井戸ではなく水が湧いて出ていたそうで、豊富に水が出るところだったそうです。
IMG_1618.JPGIMG_1619.JPGIMG_1620.JPGIMG_1622.JPGIMG_1621.JPG
次に工場長さんによる酒蔵や仕込み施設の説明をお聞きし、大規模だなーと感心しました。
IMG_1613.JPGIMG_1634.JPGIMG_1626.JPGIMG_1633.JPG
最後に古い酒作りの道具が展示されている資料館(この建物を含む6棟が、平成8年に文化財建物に登録されたそうです。)を見学し、待望の試飲をするのでした。
IMG_1636.JPGIMG_1632.JPG
ホッピー仙人と宮崎本店 宮崎社長さんとの歴史的2ショット!!

ここで他県に出張していた社長さんが登場し、ご丁寧な説明をしていただき一同恐縮と共に感謝感激したのでした。これはひとえに仙人の人徳がなせる技とハルは思いました。
しかしながらこちらの社長さんは実に気さくな方ですねー。益々キンミヤ焼酎のファンになっちゃいましたよ。社長さんの面白いお話しに我々良い気分になって、お酒の試飲のピッチがあがるあがる。
IMG_1630.JPGIMG_1631.JPGIMG_1628.JPG
こんなに試飲される方々は珍しいと言われてしまいました。恥ずかしいー!お土産に清酒「極上 宮の雪」をいただき一同大感激。ハル的には試飲したお酒の中で一番好きな酒だったので大満足なのでした。
事務所で一服した後、四日市の駅まで社長さん直々に、我々を車で送っていただきました。
IMG_1638.JPG
四日市駅近くに有る、清酒 「極上 宮の雪」の大きな看板。

最後までお気遣いいただき、恐縮しっぱなしでした。社長さん本当にお世話になりました。これから僕は益々キンミヤ焼酎飲みますよー。

※そして名古屋の大須観音へ。どてカツは旨いにゃー。

四日市から近鉄に乗り名古屋へ舞い戻った我々は、この時間から合流した大熊君と一緒に名古屋の下町、大須観音へ行くのでした。
IMG_1642.JPGIMG_1643.JPGIMG_1644.JPG
ここは東京で言うところの浅草とアメ横と秋葉原を合体させた様な街です。下町の血が流れているハル的には、ほっと一息付ける様なところであります。早速大須観音にお参りし、仙人達と街を練り歩きます。
カジさんによると28日は祭りとの事で、通りには様々な屋台が出ていました。
IMG_1645.JPGIMG_1646.JPGIMG_1647.JPGIMG_1648.JPGIMG_1649.JPGIMG_1651.JPGIMG_1652.JPG
どてカツや焼き鳥の屋台がたくさん営業しており一軒覗いては、どてカツ一本百円を買い食いします。
すじが良く煮込んでいる鍋に串カツを豪快に突っ込みます。旨ーっ3軒回って2軒は当たりだったな。
名古屋の庶民的な面が楽しめました。

※メイドうどんと焼き鳥を楽しむ。

大須の庶民的な空気を楽しんだ後は、メイド系のお姉ちゃんがお運びをするという「長命うどん大須店」に行きました。
IMG_1660.JPG
パチンコ屋の地下にあるスナックコーナーは怪しい佇まい。
いわゆるメイド系の店ではありませんが、まったくやる気の無さそうなミニスカートのお姉ちゃんがお運びしてくれる店でした。
IMG_1661.JPG
お絞りを一人づつに手渡しする時に膝を折って可愛く「いらっしゃいませーっ」と言ってくれましたが、まったく目が笑っていません。
僕が岐阜支店に赴任していた時に通っていた地下鉄 桜通り線 車道駅近くの長命うどんより味は落ちるが、お姉ちゃん達のクールなサービスとトータルで評価してやるんだろうなー。今日はお姉ちゃんが一人でしたが普段は三人ほどいるそうです。こういう形態のお好きな方はご勝手にどうぞと言う感じでした。
次に行った焼き鳥の「初鳥」ではつくねとウナギの串を堪能しました。
IMG_1662.JPG
昔ながらの品の良い店でした。カジさんお勧めの店でしたが、僕はこういう雰囲気の店が好きです。もう1軒カジさんに大皿料理の店に連れてってもらいましたが、店名を失念しました。有名人が多く来店する有名な店のようでした。
この後、白石マスターとはお別れしました。明日、また宜しくお願いしまーす。

※名古屋の夜はBARなのだ。

さて、まだホテルにチェックインしていませんので、カジさんにリザーブしてもらっていた、「名古屋国際ホテル」に向かいました。
部屋でひと休みした後は、皆さんすみません。ハルのリクエストで名古屋の有名BARの「オードビー」と「ピアノBAR Duo」に仙人・カジさん・大熊君に付き合ってもらいました。
IMG_1663.JPG
「オードビー」は僕が通う銀座の「JBA BAR SUZUKI」紹介された店です。ホテルから至近距離にあるのですが、店のビルが分かりません?焦ったハルは「JBA BAR SUZUKI」に緊急コールを入れバーテンダーの社本君・佐藤君に教えを請うのでしたが、結局目的のビルの前に突っ立ていたというボケをかますのでした。
「オードビー」では、ウオッカとジンジャーエール・ライムを入れて仕上げた、「モスコミュール」を飲みました。とっても冷たくて、旨かったですが、今となっては、驚く程のものではありません。只、このモスコがこの店によって名古屋に紹介された頃は、「カンカン」という愛称で呼ばれ物凄いオーダーが連日あったそうです。最後に「JBA BAR SUZUKI」のママに紹介されて来ましたとバーテンダーさんに告げると恐縮仕切りで送り出してくれました。

※高見盛に会っちゃた。

「BARオードビー」から「ピアノBAR Duo」に移動途中、50メーター前方からバレンシアオレンジ色の派手な着物を着たでかい男が、可愛いお姉ちゃんと一緒に闊歩して来ました。おーっ高見盛ではないですか!可愛いお姉ちゃんを引き連れ実に楽しそうに歩いているのを発見して、俺は安心したよ。相撲ではロボコップのような動き、インタビューではたどたどしい口調と、こいつ大丈夫かなーなんて大好きなお相撲さんだからこそ心配だったが、なんてことない、普通の若いあんちゃんな感じで好印象。でも関取ってもてるんだな・・・うらやましい(涙)
さて角界のロボコップを見送った後は、DUOの手前の店にホッピーのぼりを発見。
IMG_1669.JPGIMG_1668.JPG
今回は事前のリサーチ不足で名古屋のホッピー関係の店は全く調べていませんでした。我々ホッピー仙人御一行は、ほとほとホッピーと縁が有るようです。これは仙人による無意識の内のナビゲーションなのでしょう。
早速ホッピーと串カツを4つ頼んで、立ち飲みで楽しみます。
IMG_1666.JPGIMG_1667.JPGIMG_1665.JPG
ホッピーは氷入り、焼酎はキリンのピュアブルーを使用しているようです。グラスもキリンのマークと焼酎の星が入った珍しいタンブラーを使用。ホッピーは330でした。
IMG_1670.JPGIMG_1664.JPG
味はと言うと…ハハハー。まだまだ、これからと言う感じですが、名古屋の錦でホッピーが飲めるとう事を僕は大評価しますよ。
さて、ハルのリクエストで皆さんをお連れした「ピアノBAR Duo」はすぐのビルの9階に有りました。
IMG_1731.JPG
店に入り銀座のBAR「オーパ」の大槻マスターからの紹介でと告げると、バーテンダーの木村さんが僕らのカクテルを作ってくれました。
彼はシンガポールで行われていた国際バーテンダー協会のカクテル研修会から今日帰国したばかりで店に立っているとの事。ご苦労様です。カクテルはマティーニを頼みましたが、これがなかなかの一杯でした。
さて皆さんお疲れでしょうから、ここは軽く飲んで終わりにしましょう。お疲れ様でした。

それにしても濃い1日だったなー、楽しかったぜー!!
では、明日の2日目も張り切って行ってみよーう!!



posted by ハル at 21:31| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

氷川丸でマリンタワーピッチャー

今日は、カジさん主催の氷川丸デッキで飲むビアガーデン大会。ホッピー仙人ファミリー総勢40人近くのメンバーが集まりました。
IMG_1549.JPG
ここの名物マリンタワーピッチャーが乱立。カジさんと後から来たオノちゃんがマリンタワーピッチャー(4.6g)を15分でやっつけるチャレンジもあっさり完飲と来た日には「お見それしゃした」の状態。
IMG_1563.JPGIMG_1569.JPG
ハイネケンギャルの登場もあり益々ビールの消費量が増える我々なのでした。(爆)
IMG_1573.JPG
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

ついに出ました。噂の「ハイッピー」

少し前から噂と話題になっていた、博水社の「ハイッピー」が本当に発売されましたよ。ホッピー仙人は早速入手しています。早速試飲会です。
IMG_1529.JPG
ピの文字なんかホッピーのパクリでしょう。味はパクれなかったようですが。(笑)
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

口直しのホッピーが飲みたい「ホッピー仙人」

西口 某店の焼酎が濃いだけの不味いホッピーに、まったく持って「ガッカリだよ」なハルは、当然の事ながら口直しのホッピーを飲みに仙人の所へ来たのでした。
看板.JPGホッピー7月8日.jpg
とにかく仙人のところのホッピーは美味過ぎ。他店と勝負になりません。圧勝でございます。
ラベル:ホッピー仙人
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

「ホッピー仙人アニメソングカラオケ大会の予行演習」

ホッピー看板.JPG
「ホッピー仙人」に行くとオノちゃんから、今度「アニメソングカラオケ大会」をやろうとの提案。
ホッピー仙人 カラオケ本.JPG
いーじゃないの、やろーよと言うことで早速、アニメソングカラオケの予行演習が始まってしまうのは、俺達らしいなー。数曲歌って、〆の歌は、オノちゃんと僕とで、ベルサイユのばらの主題歌「薔薇は美しく散る」を歌うのでした。それにしてもアンドレって志垣太郎が声優してたの?
bellbara.jpg
仙人遅くまで歌っちゃってすみませんでした。
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

6月7日 「ホッピー仙人→FF→花火」いつものルート。

昨日の浅草橋の居酒屋「Y」(仮称)での会社の飲み会は「ジャンボハイ」の飲み合戦になり今日の朝はヘロヘロになっていましたが、
ジャンボハイ.JPG
夕方にもなると手が震え出してしまうのは「野毛中毒」なのでしょうか、それとも最近なかなか行けない銀座禁断症状の症状なのでしょうか?とにかくアルコールを入れて震えを止めなければなりません。一軒目は、ハマのホッピー伝道師「ホッピー仙人」からスタートです。
IMG_1415.JPGIMG_1416.JPG
「白キン」「黒三」の二杯楽しみます。
ホッピー仙人 .jpgIMG_0742.JPG
「KIKUYA CAFE」帰りのオノちゃんはすっかりご機嫌ちゃんで、「KIKUYA CAFE」の冷蔵庫の上に置いてある、カレーなどに使用するだろう、スパイスを食後の口直しで、瓶から出してポリポリ食べて来たとの事。さすが我らのオノちゃんであります。ワイルドに「KIKUYA CAFE」を楽しんで来たようです。お土産の「KIKUYA CAFE」のピザを一切れもらうと、これがマイウーな訳で、何食べても美味い「喫茶店」だなーっと思いました。今日の「ホッピー仙人」はせっちゃんが「福田フライ」でナンパして来た新規客のカップルと、もう一組の新規客のカップルがいましたが、どうもここは常連客が多いので入りずらかったとの事。そんな事無いですよ、皆さん良い人達ばかりなのでこれからも通ってね。続々とお客さんが来ましたので、「福田フライ」に出発します。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

カジーパウダーは美味い。

日本橋から電車に乗り着きましたよ「日の出町駅」。ホッピー仙人に向います。
ホッピー.JPG
「白キン」と「超ホッピー」の2杯を飲みます。今日は焼き鳥の缶詰めにカジさんオリジナル調合のカレーパウダーを振り掛け食べました。これが美味い。僕は別名「カジーパウダー」と呼んでいます。調合して一年寝かせて作ったこだわりの逸品です。焼き鳥缶詰めをつまみにするときは「カジーパウダー」を是非とも振り掛けて見て下さい。しかし、カジさん曰わくカレーにして食べるとなぜか?な味な様です。
posted by ハル at 01:25| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

土曜日の「ホッピー仙人」はカラオケ大会

土曜日に会議ですよ。会社を出たのが16時位です。野毛入りする前に銀座「ロックフィッシュ」で気持ちを落ち着かせます。
060405_2304~001.jpg
ハイボール2杯を軽くやり、新橋から移動します。桜木町へは、7時前には到着。立ち飲み「花火」は今日はお休み。そのまま「ホッピー仙人」へ。
ホッピー仙人 2006 5.18.JPG
スーさんがコーナーシュリンプのお姉さんと良い感じで、ご所望のカラオケが始まります。
IMG_0548.JPG
スーさんは「聖子はいいニャー」といつもセリフ。オノケンといえばアニメの訳判らない主題歌とヒーローもの主題歌を熱唱。「ガッチャマン」と「キカイダー01」はオノケンと僕とで絶叫。ビックリしたのはアニメの「ベルサイユのバラ」をオノケンはフルコーラス歌詞も見ず歌えます。凄い。この後も僕がトイレにいても聞こえる、オノケンの「ダダダダダー」とか「ズババババーン」みたいな昭和アニメ独特の節回しが、吉田橋商店街の2階にフルボリュームで響き渡るのでした。
posted by ハル at 01:06| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。