2006年06月16日

「高田馬場 大勝軒」の辛タレもりそば

池袋の近くで昼前に午前中の仕事が終わりましたので、昼飯は「つけ麺」を食べに池袋駅北口の「灰汁美」に直行です…。ガーン!休みーっ。そうだ、ここは金曜日の昼は休みで、夜の営業を土曜の朝までするんだっけ。うわーっ、どうしよう「七福神」にしようか、「ごとう」や「十六」まで行ってみようか、まてよ行列並ぶ時間が無いなー。目白の「丸長」はチャーシューがなくなちゃう時間だし。新宿まで戻る途中で待ち時間が少なくて…色々考えて来た店は「高田馬場 大勝軒」です。車で移動していたので、店の近くにコイン駐車場が有るのも有り難いです。何故ここを選んだのかと言うと、前回来た時に隣の客が美味そうに「辛タレもりそば」を啜っていたのが印象に残っていたのと、大箱の店でお客さんが大勢来ている時でも比較的回転が良い店で、イライラすることなく気が短いハルには有り難い店です。2人並んでましたが、3人の客が食べ終わったところで速攻着席ラッキーです。「もりそば」食券を店員に渡し、「辛タレ」でとつけ汁を指定します。
060609_1332~001.jpg060609_1332~002.jpg
ここの麺は410グラムが普通盛りですので、間違っても大盛なんて言えません。普通盛りで十分過ぎる量なのです。待つこと5分位、出てきた「辛タレもりそば」の赤みがかったつけ汁は余り辛そうに見えません。早速ズルッと麺を啜ると、良い案配の辛さです。これならハルにも食べられます。(僕は辛いもの食べると異常に汗が止まらなくなるので普段は辛い物を食べません)辛さ二倍、三倍がありましたが、そちらは駄目です。食べられません。お子ちゃまなので。(爆)本郷三丁目のつけ麺「柾木」とはまた違った辛さで、なかなかどうして「辛タレもりそば」も良いじゃない。美味しく頂きました。




posted by ハル at 02:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。