2006年06月12日

途中までは日本のゲームプラン通りだったが・・・    _| ̄|○

サッカー日本代表の1戦目が、逆転負けで終わり虚脱感でいっぱいだったが、少し冷静になってきたので、今日の試合の感想を。
ウルトラニッポン.JPG
僕の試合前のゲームプランは「やらせてやられない」。これは非常に難しいゲームメークであります。ボールポゼッションは豪州7に対し日本3で想定していました。今日の試合は想定通りで豪州に攻めさせて、最後に押さえる所は押さえました。あぶない場面はありましたが、後半40分までは理想の試合運びでした。僕の想定試合プランは後半20分過ぎに得点し、相手が追いつこうとして前掛かりになった所で、カウンターで追加点を奪い、2対0で勝利との想定でした。今日の試合は点が入ったのは喜ばしいが、得点の時間が前半の早い時間でした。そこからの試合時間の進み具合は、豪州に「やらせている」上では受けに回っているだけに遅く感じたと思います。2点目の追加点を奪えば話が違っていたのかもしれませんが、受けに回っている以上後半30分過ぎからはボディーブローが効いて来るが如く、バテがくるのは当然の事。ここで守備側にフレッシュな選手を入れたいところでしたが、ジーコの選択は柳沢に代えて小野投入。前目で使うと思ったら、なんとボランチに起用。中田を前線に配置替えと言う事はジーコは2点目を取りにいったとしか考えられません。うーん。ここの場面ではボランチが本職の稲本か中田浩司を入れるべきでしょう。稲本なら体張って守備にいけるし、前線に上がれば2002年の大会で2得点したように、決定力も期待できました。たら・ればは、嫌いだが試合後のジーコの話は矛盾が多い。「1点のリードを守るサッカーでミスをしてはいけなかったが、試合運びにミスがあった。リードしている時の(時間の)使い方ができなかった」。とコメントをしたようだが、それならば、2点目取りに行くような選手交代はなんだったのか?大いに疑問が残りますし、ジーコ監督のミス采配が土壇場で出てしまったと僕は思います。試合が始まれば監督の采配なんて試合全体の10%位しか反映しないとよく言われますが、その10%の采配が最後の10分に集約され最悪の結果として出たのは運の悪さだけでは済まされない試合だったと思います。まずは気分を変え、疲労を取り、まず1勝を勝ち点3を目指しましょう。ヨーロッパ開催でのワールドカップで早めに1勝しないと韓国のようになってしまいます。(韓国は自国開催の2002年大会以外は何回もW杯で戦っているのに、海外のW杯では1勝もしていません)自国開催の大会で勝つのは当たり前の話で、海外の大会で勝たなければ本当の意味での1勝と認められません。決勝リーグ進出なんて寝ぼけた事言う前に、目先の1勝を勝ち取ろう。そうしなければいつまで経ってもヨーロッパの奴らから認められませんよ。


posted by ハル at 01:53| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に仰る通りだと思います!
どう考えても監督の采配ミスとしか思えません。
ハルさんのupの中で一番共感したのは『決勝なんて寝ぼけたこと云わないで、まずは一勝』
正にその通りですよね!
昨夜は見込み通り(?)勝っていれば、夜中からSHEVAに行くつもりでしたがあまりのショックにフテ寝しました(._.)
Posted by 武 at 2006年06月13日 07:36
武さん、僕の会社でも朝出社すると皆意識してサッカーの話をせず黙々と仕事をしていたのが印象的というか、ある意味会社の中の、雰囲気が怖かったです。(笑)
Posted by ハル at 2006年06月14日 02:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ワールドカップ(日本×オーストラリア)
Excerpt: 日本完敗ですね。全然だめ。 次の試合もかなり不安な感じです・・・・。
Weblog: なべ企画株式会社
Tracked: 2006-06-13 02:11

正確性の差
Excerpt: シュートチャンスを作りながら、ことごとくシュートが枠を外すサッカー日本代表と、ランナーを塁上に溜めながらことごとく凡打し結局ランナーが残塁になる千葉ロッテマリーンズが何となく似ていると思っているKOU..
Weblog: KOU DIARIO
Tracked: 2006-06-13 09:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。