2007年05月26日

紹興酒楼で深夜のチャーハン→味珍→ノーブル

この日の活動は正確に言うと、午前0時に深夜〆チャーハンで
始まったのです。
だから、深夜のチャーハンはやめろつーの!!
070526_0038~001.jpg070526_0028~001.jpg070526_0021~001.jpg
桜木町駅前の「紹興酒楼」で深夜のチャーハン。
ここは少し「くせの有るチャーハン」で他の店の味に飽きた時は
この店のチャーハンなのです。
てな訳で、朝が明け、日が暮れると横浜駅西口、「豚の聖地」
狸小路の「豚の味珍」の前に佇んでいるあたしは、
本当に自分でも呆れるくらいモツラーなのです。
070526_2019~003.jpg070526_2019~002.jpg070526_1916~001.jpg
狸小路の入口のネオンサインは各店の店名が電光掲示板に
出てくるんですねー。通りの感じが明るくなりました。
狸小路のエベレストと呼ばれる「豚の味珍」急勾配の階段を
よじ登る様に登っていきます。
本当は、あたし的には暗く気が小さい人間なのです。
だから殆ど知り合いに会わないここ「豚の味珍」に来るのが
大好きなのです。
070526_1945~001.jpg
ここのカウンターでは殆ど下を向きながら飲むんです。
ここのマスターとママにはすっかり顔なじみだけれども
最低限の適度な世間話以外は、ほっといてくれるのも
好きな理由の一つです。
070526_1924~001.jpg070526_1917~002.jpg070526_1920~002.jpg
今日も「やかん」「ウーロン茶」「ラッパ」「しっぽ」を注文。
ここにいると暗く気が小さい人間と思われるのが嫌で、
普段無理して明るく振舞う「仮の自分」を忘れ心の闇の淵に
帰れるのがホッとする。
さて、今日もさくっと飲み終えると「Barノーブル」でカクテルを
飲む。
070526_2357~001.jpg
暗い俺だがこの店の照明は暗すぎる。





posted by ハル at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼はラーメン古武士、夜は車橋もつ肉店→バジル

今日の昼は、西新宿の尾滝橋通りに復活した(数年前、経営会社が
アポーンしたのね)らーめん古武士につけ麺を食らいに来たのだ。
一時は数店舗展開した人気店だったが、心機一転西新宿に出店です。
実は古武士での実食は今回初めて。
070525_1312~001.jpg070525_1319~001.jpg070525_1319~002.jpg
肝心のお味は・・・、
夜は、石川町5丁目「車橋もつ肉店」にて、もつ食い活動を展開。
070525_1950~002.jpg070525_1953~001.jpg070525_1953~002.jpg070525_2008~001.jpg070525_2009~001.jpg070525_2024~001.jpg070525_1950~001.jpg
もはやこの店の定番商品になりましたね。
「塩ユッケ」その他は、「ナンコツ」「カシラ」を塩焼きで。
「かわ」はタレ。銀さんとご合い席なので、日本酒を飲みます。
お尻に影響があるかも?「ぢごく豆腐」そして、
僕は隠れた名品と思ってる「煮豚」を注文ですが、全て自分だけで
平らげている訳ではない。もちろん殆どの訪問で誰かしらと会うので
お知り合いの方達にも、つまみをおすそわけ。
いや、この店はすでに超人気店になりつつある。
最初に教えてくれた我らがオノケンに大感謝!
さて、横浜市営バス103系統石川町5丁目バス停から向かうは、
日の出町駅前バス停、ストリップ小屋「濱劇」の前でバスを降ります
結局今日も行ってしまう、野毛の新名所イタリアン バル バジル
には数分で到着。
070525_2254~001.jpg
070525_2253~002.jpg070525_2253~001.jpg070525_2253~003.jpg
「赤ワイン」「チーズ」「パルマリッピ社の生ハム」をオーダー。
かなり酔っているので、今日はこれまで。
マスター、みどりちゃん、いつも正体不明になってごめんなさい。

posted by ハル at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。