2007年05月25日

銀座のとあるBar→野毛 福田フライ

銀座のとあるBarにて・・・、

女「あなたの瞳ってとても綺麗」
男「君の顔が写ってるからだよ」
ハル「・・・・怒ちっ(怒った顔)

「バカ!バカ!!バーカ!!バカ!!バーカ!!」
「てめえら人間じゃねえや!叩っ斬ってやる!!」
By萬屋錦之介の名作「破れ傘刀舟悪人狩り」の決め台詞じゃー!!

「頭から俺のマティーニぶっ掛けてやろーかっ!」
「ついでにビールもぶっ掛けてやる!」
「ギネスもぶっ掛けてやるから「ハーフアンドハーフ」を
楽しみやがれ。」

「おまえら自分の顔を見たことあんのかーっ?」
バジルのマスターが言ったなら百歩譲って許してやるが、
「フウテンの寅さんの雪駄の底位のツラ下げて俺の大好きな
Barで戯言吐いてくれるとは、いい度胸じゃネーか!」

てな事は心の中でつぶやいても、ジェントルなハルさんは、
何事も無かったように、すーっとマティーニを飲み干すと
マスターに目配せでチェックを促し、静かに店を後にするのでした。

あー気分悪い!あーむかつく!一刻も早く野毛に帰ろう。
野毛にて気分を良くしてくれる店は「福田フライ」しかねーだろ。
070524_2200~001.jpg070524_2159~004.jpg070524_2159~002.jpg
銀座の「ブランドチャラチャラ、ドン臭い女」なんかより、
福田のおかあさんの、白い仕事着姿のなんと粋なことでしょうか。
銀座の「雪駄の底位のツラ下げ男」なんかより
福田のノブさんの、立ち仕事姿のなんてかっこいい事でしょうか。
070524_2159~001.jpg
野毛のマティーニこと、福田フライの「チュウハイ」で
心を落ち着ける。つまみは「砂肝」
070524_2159~003.jpg
銀座のあいつら、まかり間違って野毛で見かけたら福田フライの
「辛いソース」を頭からお見舞いしてやるぜ!!



posted by ハル at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。