2007年05月15日

昼は俺の心の路麺「大船軒」 夜は、立ち飲み花火→ホッピー仙人

ガキの頃から我が田舎町、茅ヶ崎駅構内にてずーーーと
営業しているのが、俺の心の路麺!「大船軒」なのである。
070514_1206~001.jpg
いつの頃からかここでは、これしか食べない!啜らない!
「大船軒」至玉の一杯「天玉そば」だっ!!
えー、えー、蕎麦は太いし、妙に黒いし、腰など無いし、
当然の事ながら蕎麦の香りなんてーのは、あーた、期待する方が、
「野暮」ってもんよー。
つゆがまた、独特よー。色が黒い、醤油の濃い味、しかも甘い!!
てんぷらが、またマーベラス(なんのこっちゃー)
お麩みてーで、なんともつゆが、びちゃびちゃに染み込むぜー!
関西の人間なんてとっても食えたもんじゃネーな。
横浜、東京の奴らでさえも、う、う、うーん?
なんじゃこりゃの味だわさ。
でも、あたしたち湘南地区に育ち、JRで通学、通勤する者には、
ソウルフードてな訳よ。
地元、茅ケ崎出身の桑田佳祐も学生の頃は、よく食ったらしい。
なぜか、昼飯は「大船軒」で済ましたのだが、
夜は、桜木町のソウルフルな立ち飲み「花火」出没だぜ!
つまみは、いつもの3品セット「厚焼き玉子」「マカロニサラダ」
「牡蠣フライ」だわさ。
070514_2112~002.jpg070514_2112~003.jpg070514_2112~001.jpg
今日は、サッポロの赤星を飲んでみた。
この赤星はあたしが、おかあさんに我がまま言って仕入れて
もらったもの。言いだしっぺのあたしがホッピーばっかり
飲んでいちゃまずいだろうにと、反省、反省でオーダーした訳さ。
070514_2143~001.jpg
最後は、やはりホッピー仙人で、「ホッピー」で〆たのさ。


posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。