2006年11月21日

福田フライ 牡蠣の漬け

野毛の関所「福田フライ」に今日もすいーっと吸い込まれたハルは、
合いも変わらずチュウハイからスタート。
061118_1904~001.jpg
今日は氷が多いな。
061118_1906~001.jpg
フライは「かぼちゃ」「たまねぎ」「イカ」であります。
「かぼちゃ」と「たまねぎ」の自然の甘さは堪らないね。
「イカ」でしっかりタウリンを摂取。
体の事を考えてハルはフライをオーダーしてるのですよ。ほんとうかよ?
ノブさんに酢牡蠣を頼むと「牡蠣の漬け」を薦められたので出してもらう。
061118_1923~001.jpg
ありゃこりゃうまい。
ここの牡蠣は岡山産の物をいつも仕入れているとの事です。
061118_1927~001.jpg
大きめの牡蠣はプリプリで食べ応えばっちり。酢牡蠣よりもいけるかも。


posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

濱野屋 オノケンメニュー

濱野屋にも「オノケンメニュー」があるらしい。
だがこの日はオノケンちゃん行きつけの某「牛角」経由で、お腹が一杯だった様で、ホッピーと「板わさ」で乾杯。
061118_1942~001.jpg
ここ濱野屋の「板わさ」はそのまんま「板わさ」(笑)
さて、今日はオノちゃんが某「牛角」の店長からもらってきた
「オノケン様専用宴会メニュー」を見せてもらう。衝撃!笑劇!
061118_1939~001.jpg061118_1940~001.jpg
なぬー!!!!凄過ぎる!!こりゃ「牛角」のほとんどの肉・飲み物が、飲み食い放題じゃネーかよ!!!こんなメニューを作らせてしまうオノちゃんあんたは肉ラーの神じゃ!
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

銀座 ロックフィッシュにて毎年恒例 振る舞いボジョレー

銀座 ロックフィッシュにて毎年恒例 振る舞いボジョレーの日がやって参りました。
061116_2048~001.jpg
今年のヌーボー解禁日は11月16日。バブル時代程の馬鹿騒ぎが最近は無いのは、日本人もやっとこ、まともな大人飲みが出来るようになった証拠か?それにしてもロックフィッシュは1杯目にワインを振舞われた以降は、しっかり皆さん「ハイボール」にチェンジし飲み続ける、ハイボーラーばかりの店なのです。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックフィッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

人形町 萬馬軒

人形町にて「萬馬軒」なる人を食ったような名前のラーメン屋の前に「つけ麺」の幟を発見。
061115_1139~001.jpg061115_1147~001.jpg061115_1147~002.jpg061115_1144~001.jpg
期待せずに入るが、予想通りまったく期待できない味だった。
セットのチャーシュー飯がちょっと美味かったのが救いか。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

大勝軒 十五夜

♪落書きの教科書と外ばかり見てる俺
超高層ビルの上の空、届かない夢を見てる♪
尾崎豊の「15の夜」を聞いた時、同じ年齢でこんなに凄い曲を書き、歌える奴がいるなんて・・・衝撃と羨望とないまぜになった気持ちを抱いたものです。
ここ新宿御苑近くに出来た「大勝軒 十五夜」は尾崎豊の学生時代(青山学院高校時代か?)の友人にして「15の夜」のモデルとされている方が出した店です。
061114_1309~001.jpg061114_1324~001.jpg
デフォルトのもりそばを注文。
061114_1316~001.jpg061114_1317~001.jpg
最近流行の濃厚系のつけ汁ではなく、魚介の出汁を大切にした感じのやさしい風味でした。他の劣化版「大勝軒」的ではないので安心して食べれるお店です。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

濱野屋のもつ焼きが良い感じになってきました!

野毛のもつ焼きの新星「濱野屋」は、
061024_1952~001@????.jpg
もつ煮はかなり良い線行っている今お気に入りの店なのですが、如何せん肝心の「もつ焼き」がハル的には?な評価だったのです。しかし、今日は久し振りに「レバたれ」「かしらの塩」をそれぞれ焼いてもらったところ・・・
061111_2018~001.jpg061111_2022~001.jpg
良いじゃないですか!!焼き加減が進化してますよ。やっぱりいい店です。やれば出来るじゃないですかマスター。褒めて伸びるタイプ(そりゃ春吉かー)?
061111_2004~001.jpg061111_2004~002.jpg
もちろんここの代名詞になりつつある「もつ煮」は普通に美味いよ。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

福田フライ

今日の福田フライは、おかあさんの前のカウンターで飲みました。
061111_1932~002.jpg
フライを揚げる手捌きは、無駄が無く長年の技を感じます。
061111_1932~001.jpg
いつもの「チュウハイ」からスタート。僕はフライにはビールよりもチュウハイの方が相性がいいように思います。
061111_1935~001.jpg
フライは「カボチャ」「イカ」「牡蠣フライ」
061111_1935~002.jpg
刺身は「ほうぼう」だったけ?
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

麺屋 夢うさぎ

江戸川区のつけ麺が今熱いとの情報を受け(本当かよ)やって来ました。
「麺屋 夢うさぎ」
061108_1211~001.jpg
開店と同時に満席。店の外にもあっという間に行列。ほんの10分前までは誰一人シャッター前なんかしてなかったのに、この一瞬にしての満席。江戸川区のつけ麺ファンはただ者じゃないぜ!!店の印象は、店員のおばさんがきっちり客の注文をテキパキ捌いている事が好印象。オペレーションは完璧。
061108_1200~001.jpg061108_1200~002.jpg
出てきたつけ麺も濃厚だがしつこくないつけ汁は、かなりの高レベル。人気が出るのも頷ける。麺もなかなかの美味さだが、製麺業者のコンサル入っているので当然の事か。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

吉左右のつけ麺

木場の吉左右は、つけ麺・ラーメンの人気店のひとつとして、認知されて来て、行列の凄い店になったのですが、合いも変わらず若い主人と奥さんの腰の低い接客は清々しくもあり、ほっとさせてくれる店なのです。
061106_1314~002.jpg061106_1314~001.jpg
とろみのある「つけ汁」は今、東京のつけ麺の中でもトップクラスの美味さだと思います。この店は来年はさらにブレークの予感。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

幻の立ち飲み屋、阪東橋「あまからしゃん」

立ち飲み「花火」の常連さんにて、元酒屋のSさんが数年間お休みしていた、立ち飲み屋「あまからしゃん」を復活するとの事で今日は春吉君と店を訪れた訳だが、全然店の中が片付いていない。
061108_2026~001.jpg061108_2026~002.jpg061108_2025~001.jpg061108_1950~002.jpg061108_2027~001.jpg061108_2027~002@??.jpg
いきなり開店を無期延期。年明けには、OPENできるのであろうか?頑張れSさん!!
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

桜木町 立ち飲み「花火」

今日は珍しくホッピーではなくサッポロの「赤星」でスタート。
061107_2219~001.jpg
定番の「メンチ」は、相変わらず大きい上に美味い。
061107_2228~001.jpg
追加で頼んだ、ポテサラにソースを掛けて食す。
061107_2227~001.jpg
下町風で、いと美味しい。
061106_1939~001.jpg
さんまは最高。あぶらの乗りも良くて大好きです。残念ながらこの日以降仕入れの関係か?メニューから消えました。残念。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

金毘羅 大鷲神社 「一の酉 」ホッピー仙人写真部 撮影会と角打ち街道散策 2

「角打ち街道」ホッピー仙人命名ですが、ほんとうに今日来た三吉橋を越えたエリアは、普通の商店が無い代わりに、酒屋だけが多く点在する我々にとっては嬉しい「角打ち」天国エリアなのです。
IMG_1951.JPGIMG_1953.JPGIMG_1955.JPGIMG_1958.JPGIMG_1961.JPG
「山上酒店」
ここは、やさしそうなおかあさんがやっている角打ち。
横浜高校の甲子園出場記念の昔なつかし風な「ペナント」が壁いっぱいに張られていた。関係者が横浜高校野球部かな?
このあと皆さんと一旦別れた後、後程訪問する「かまくらや」を教えてくれました。
IMG_1967.JPGIMG_1968.JPGIMG_1970.JPG
「新井酒店」
ここは、カウンターが無い座れる「角打ち」。なぜか我が軍団はこの店で「横浜市歌」を歌って珍しがられる。ここのご主人とおかみさんもとても感じの良い対応で、またぜひ再訪しなければ。
さて、ここで一旦野毛に移動する皆さんと別れて「かまくら屋」へ偵察に。
IMG_1977.JPGIMG_1975.JPGIMG_1974.JPG
三楽のカップ焼酎とするめ。日本シリーズを見ながら隣の先輩と野球談義。
さて、野毛に移動したみんなとホッピー仙人で再合流しますか。野毛まで千鳥足で移動です。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金毘羅 大鷲神社 「一の酉 」ホッピー仙人写真部 撮影会と角打ち街道散策

今日は企画をしてから随分と時間が経ってしまいましたが、懸案となっていた横浜橋商店街周辺の角打ちの探索を、大鷲神社の「一の酉」に合わせて行いました。
仙人を始めとする、ホッピー仙人写真部部員と写真部と別行動ですが、オープン参加の伊藤さん・Sgrさん達と、立派な看板の酒屋さんの「浅見本店」の角打ちカウンターにて集合待ち合わせです。
IMG_1874.JPGIMG_1872.JPGIMG_1873.JPG
皆さんそれぞれ好きな飲み物で軽く喉を潤し大鷲神社へ出発です。
一の酉には、初めて来ました。昔に比べて人出も屋台も少なくなったと言われていますが、なんのなんの結構な賑わいです。
早速撮影を始めますが、なかなかどうして、ネタ撮影的には困らない感じです。ニャリ、いきなり来ました。
IMG_1875.JPG
「アイドル好きな爺さん」
嬉しいですねー。いきなり今日のナンバーワンショットが撮れちゃった。
あーこれで気が楽になったぜ!せっかく「一の酉」に来たのだから、大鷲神社にお詣りしなくちゃ。
IMG_1883.JPGIMG_1887.JPGIMG_1889.JPGIMG_1891.JPG
お詣りを済ませて、写真部一同途中の韓国屋台等で買い物をしつつーの、昔屋台だった立ち飲み屋で一休みーの、買い物したつまみを楽しみつつの路上座り飲みーのと、やはり我々ホッピー仙人写真部は、濃ーい楽しみ方をするのでした。
IMG_1878.JPG
「僕の子供の頃にはこういう屋台は無かったなー」
IMG_1879.JPG
「この鮎の塩焼きは美味そうでした」
IMG_1884.JPG
「お面の屋台ではお約束の2ショットですねー」
IMG_1895.JPG
「韓国料理の屋台が多いのもここの特徴かな」
IMG_1896.JPG
「売り子さんはヨン様なのだ」
IMG_1897.JPG
「赤いドラえもん」
IMG_1899.JPG
「なにやらエロい食べ物」
IMG_1903.JPG
「たこ焼き屋のタコ、これ丸ごと入れるのでしょうか?」
IMG_1908.JPG
「ベビーカステラの屋台の様だが?ちんちんは熱いという意味があります」
IMG_1913.JPG
「道端で座り飲み」
さて、今日のもう一方のお楽しみである、角打ち街道散策に向かいます。
IMG_1916.JPGIMG_1917.JPG
「昔、お袋にねだって、よくこの様な新幹線で遊んだものです」
横浜橋商店街を抜けて三吉橋演芸場を横に見て橋を渡って少し行くと、
IMG_1924.JPGIMG_1922.JPG
「長島酒店」があります。
IMG_1930.JPGIMG_1936.JPGIMG_1935.JPG
ここで先ほどの浅見本店で別れた伊藤さん御一行と再合流。
この近くで5軒程、角打ちしてきたとの事。さすがですねー。
皆さんで、乾杯!
IMG_1934.JPG
この店は僕的には酒メーカーグッズをさりげなく飾っていて視覚的にも飽きない店でした。
つまみはほうれん草のお浸しと乾き物程度でしたが、角打ちの王道を行っている酒屋でしたねー。
IMG_1939.JPG
さて、角打ち連続入店の前に小腹空きの解消に焼きそばで有名な「磯村屋」にみんなで入店。
IMG_1947.JPGIMG_1942.JPG
焼きそばの三色とおでんで一息入れます。
IMG_1940.JPGIMG_1945.JPG
ここは雰囲気が良いですねー。横浜にはまだこういう店が案外残っているのが、この街の懐の深さだと思います。店に置いてあった、旧日本海軍の二式大艇と言う飛行艇のミニュチュアモデルの名前を一発で言い当てた、びゅう兄さんの懐の深さも相当なものでした。(笑)
続きは明日・・・UPします。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

武蔵屋、復活!!信じて、信じて、信じ抜いて。不死鳥はよみがえる。

何故なんだろう?「武蔵屋」が僕を呼んでいる。無性に「武蔵屋」に行かなくてはと思った。(これ本当に思いました)
?????? ????@????.jpg
桜木町を降り「武蔵屋」への道を急いで歩くと、50m位前を歩いていた男性が「武蔵屋」の方へ、右折するのが分かった。これで確信した。絶対、やってると。道を曲がる前に灯りが灯っているのが見えました。涙が出そうなのを必死でこらえて、いつもの格子戸を開けると、おばちゃんの元気そうな顔が見えました。不死鳥「武蔵屋」の復活です。店に入ると、カウンターの一番良い席に座る、ホワイトメリーさんの滅茶苦茶満足そうなお顔と、入口側のテーブルに陣取るずらさんと、ゆかぴーさん、化膿姉妹三女さんのお顔を発見。えーっ、皆さんもう来てるのー?どこで再開知ったのー?と、ビックリでございます。どちらにしてもホッピー仙人軍団は、どちら様も只者ではございません。おみそれいたしやした。
@??????@????jpg??????@??????.jpg
久し振りの熱燗三杯をじっくり噛み締めるように味わって、今日は店を出ました。おばちゃん達本当にお店の再会おめでとうございました。そして、ありがとう。
この後、ホッピー仙人に行くと、仙人も、チャコちゃんも口開けに「武蔵屋」行ったそうです。けんたろうくんが昨日明かりが点いていた「武蔵屋」を見て鋭い感で、今日の再開を予想したようです。さすが、ホッピー仙人ファミリーの一員。わかってるねー、さすがだねー。仙人に後からいらっしゃった、SG01さんも会社関係の方といらっしゃっていたようです。仙人関係者で武蔵屋再開のこの日に、武蔵屋に行ったのはけんたろうくんを筆頭に、計9人。びっくりです。うれしいです。こんな素晴らしい嗅覚を持った、「武蔵屋」フリークの方々と知り合いなのは僕の誇りです。でも、本当に何にも知らずに行ったハルも凄いでしょ。(自己満足)
さて、僕が「武蔵屋」へ通い出して5年の内、最長の3ヶ月半に渡るお休みでしたが、今回は妹おばちゃんが膝痛による、膝へのセラミックを入れる手術を受けて3ヶ月の渡る入院が休業の理由だったそうです。足の方も大変良くなった様で、笑顔こぼれるおばちゃんを、久し振りに見れてホッとしました。姉おばちゃん曰く、これからずーーーとお店をやるからとの宣言まで飛び出し。僕はほっとしたと共に、また「武蔵屋」に通うぞーという嬉しさでいっぱいでした。

追伸、僕は「武蔵屋」が復活すると宣言し続け、信じ続けて待ちましたが、世の中には「武蔵屋」が廃業するみたいだよと言う「デマ」をいう人がいました。実にさびしい事です。これだけは絶対言えます。僕はそう言う事を知ったかぶりで言いふらす人を絶対許さない!!
入り口の格子戸にはいつ何時行っても、「しばらく休みます」だったじゃないですか。信じてじっと待ち続けて欲しかったです。
posted by ハル at 02:29| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 武蔵屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

池袋 大勝軒 七福 もう二度と行かない!!

池袋 大勝軒 七福 もう二度と行かない!!
061104_1239~001.jpg061104_1228~001.jpg061104_1228~002.jpg
大勝軒を名乗る資格もなし!!!
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

めん処翔

日本橋 高島屋の裏にあるラーメン「めん処翔」
この辺りにまともなつけ麺を食わせる店が無いので行くのだが・・。
061102_2121~001.jpg061102_2121~002.jpg
もう少しつけ汁の味に「出汁」の強さが欲しい。
貴重な日本橋でつけ麺を出す店なのでもう少しがんばってほしい!
夜は、地元 茅ヶ崎のBar「Dao」にて「レッドアイ」。
061102_0021~001.jpg
カウンターにてスタンディングでまったり。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

京浜蒲田 立ち飲み「 とっちゃん」

ひろたろうよりの新橋心中飲みの号令のもと、馳せ参じるその時、仕事がひとつ増えて、今日は駄目かなと思いつつ、大分遅めにメールをしたところ、新太郎さん、ずらさんと京浜蒲田に移動するとの事。京浜蒲田の立ち飲み「とっちゃん」に向かいます。
061101_2128~004.jpg061101_2128~001.jpg061101_2128~002.jpg
行ったことのないお店ですが、ずらさんに電話すると、駅の横を大岡川の様な川があるので、川沿いを来て下さいの指令。なんとその川は「呑川」(のみかわ)と言う川じゃないですか。ちょっと出来過ぎ。案外すぐに店は分かり、皆さんと無事合流。早速この店の名物「フローズンホッピー」を注文。
061101_2035~001.jpg061101_2048~001.jpg
サクサク凍ったキンミヤ焼酎が入った、ホッピージョッキが運ばれて来ました。これはおいしい飲み方ですねー。僕が合流したので、改めて一同乾杯!つまみは先に出されていた、ガツカレー炒めを一口もらうと…、うまーい!追加でポテサラうまーい!追加でいかのワタ炒め うまーい!
061101_2050~001.jpg061101_2046~001.jpg
しかも全て安い。こことっても気に入りました。
061101_2110~001.jpg061101_2108~001.jpg
皆さん、大分酔っ払って時間も9時過ぎていましたが、京急で野毛入りしホッピー仙人で締めホッピーを飲んでしまうのは、僕達らしいなと、自分の事ながら苦笑してしまうのでした。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。