2006年10月21日

「野毛のブラックホール」福田フライで最高の鯖を食べました。

いつものように「野毛の関所」、或いは「野毛のブラックホール」、福田フライにひょこっと吸い込まれると、ノブさんから「ノブさん前」に来いとのご指示。へいへい行きますよ若旦那。チュウハイを頼み、エビと牡蠣、そしてハロウィン的にはカボチャでしょう、という事でそれぞれのフライを注文。
061020_1938~001.jpg061020_1942~002.jpg
刺身はとホワイトボードを眺めていると、ノブさんが「〆鯖」と一言。うん、それちょうだいとハル。いやーノブさんお勧めだけあって、この「〆鯖」
061020_1942~001.jpg
僕がFFに通ってからNo1の刺身でした。すげーの一言。絶妙な酢での〆具合といい、鯖自体も最高の鮮度と脂の乗り。いやはやこれはおべっか、よいショではなく、本当に最高に美味かった。さて、もう一品はひき肉でノブさんが肉味噌を仕込んだとの事で、タンタン麺風の裏メニュー。
061020_1952~001.jpg
でもこれも今は肉味噌が無くなったので、頼んでも出てきませんのであしからず。
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金曜の夜は 銀座 金春湯→銀座 ロックフィッシュ

もう週末の恒例行事になってしまいました。1週間の疲れを銀座「金春湯」で癒しましょう。
061019_1952~001.jpg
今日は男湯にお客さんが誰もいませんよー!小一時間位、僕だけの専用銭湯になっていました。対して女湯は近所のばあちゃん達で賑わっているようです。さっぱりして湯上り、入口の自販機で冷たいお茶を飲んで涼んでいると、ばあちゃん達も出てきて僕の隣りに座り、道行く着物姿のホステスさん達の着こなしチェックをし出します。「あーあの娘の着物の着方はなってないねー。」等など、厳しい厳しい。それにしてもこの銀座のど真ん中で、まだまだ近所に住んでいる人がいるんですねー。殆どのばあちゃん家が家風呂があるはずなんだけど、銭湯は地域のコミュニケーションの場なんでしょうね。まーたぶん嫁の悪口でも言い合って憂さ晴らしでもしてんだろうなー。(笑)
さー汗も引きましたので、向かうは銀座コリドー通りのロックフィッシュです。
061019_2043~002.jpg061019_2043~001.jpg
今日もいつものハイボールで喉を潤します。
061019_2003~001.jpg061019_2003~002.jpg
今日のつまみは、ここの名物缶詰の一つでもある京都 宮津の竹中缶詰の「牡蠣」をオーダー。
061019_2006~002.jpg
スモークしてある牡蠣はハイボールに抜群に合いますなー。銭湯帰りで喉が渇いているので、ハイボールのお代わりのピッチがおのずと上がりますねー。さて、これ以上飲んじゃうとかなり酔っ払うので、今日は終了です。
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ロックフィッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする