2006年10月31日

福田フライ 今日は速攻のみでした。

今日の福田フライでは速攻飲んで終わり。
061024_1957~001.jpg061024_1957~002.jpg061024_1957~003.jpg
チュウハイ・フライ(かぼちゃ・しいたけ)
061024_1956~001.jpg061024_1959~001.jpg
なぜかしっかり写真だけは撮っている。


posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

立ち飲み「花火」にサッポロラガー「赤星」が入りました。

さて、先週「花火」のおかあさんにお願いして仕入れてもらったサッポロビールのラガー、通称「赤星」が今週から登場です。
061030_2020~001.jpg061030_2022~001.jpg
うん、やっぱり僕はラガー系ビールが好きですねー。日本人が昔から慣れ親しんだビールですね。今日はグラスが焼酎用のガラスが厚めのグラスでした。ビールは薄いガラスのグラスで飲むのがなぜか美味い。今度はグラスもサッポロの星マークのビール用のグラスで飲めたら最高なんだけどなー。
061030_2036~001.jpg061030_2036~002.jpg061030_2033~001.jpg
つまみは、大きく新鮮な「さんま」。でか過ぎて写真が半分づつの撮影だよ。それとなんだー今日の「メンチ」の巨大さはー!!まー、「メンチ」は大好きだから良いか。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

花火で秋刀魚→濱野屋でハムエッグ

えー秋は「秋刀魚」が美味いですよね。立ち飲み「花火」でも「秋刀魚」がメニューに出始めました。
061024_1903~001.jpg
読んで字の如し?実に立派な刀の如くのお姿。尚且つ「でかい」、「秋刀魚」であります。刺身用の物を使っているとおかあさんは胸を張ります。
061024_1905~001.jpg
脂か乗っていて美味いですねー。僕は築地のマグロ問屋に生まれ育った母親に、子供の頃から魚の食べ方はかなり厳しく躾けられてきましたので、中骨と頭以外は完食です。そりゃ綺麗に食べますよ。「花火」のおかあさんも褒めてくれました。それにしても若い人で骨付きの魚が上手く食べられない人が多いですね。子供の頃から「切り身」の魚しか食べてこなかったんだろうなー。最近特許技術で魚の骨を全部抜く技術が有るようですが、僕はそういう事は大嫌いです。骨のあるものはそのまま自然な姿で食べる習慣が無くなる「島国・海の国 日本」の子供が出てくるなんて、この国の魚食文化が崩壊しそうで心配です。
061024_1849~001.jpg061024_1851~001.jpg
さて、今日のお酒は熱燗をチョイス。埼玉県の「春陽」と言う銘柄ですが、これがなかなかいける日本酒なのです。250円という価格も嬉しいです。
お次は、もつ焼き「濱野屋」。
061024_1952~001.jpg
「ホッピー」とお通しの「浅漬け」
061024_2028~001.jpg061024_2028~002.jpg
「ハムエッグ」も注文した・・・が写真は撮り忘れ。
posted by ハル at 11:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

♪味珍・味珍・味珍♪

西部劇「ローハイド」の主題歌に乗せて。さー皆さんご一緒にー!はい。
♪味珍・味珍・味珍・味珍・味珍・味珍・味珍・味珍・味珍・ぶーたー♪
やーっ!!(やけくそ)
土曜のさーーーーびす!!(怒)残業を終え、横浜駅北口をかなり疲労感いっぱいで降りると、目の前には狸小路の入口が現れたじゃなーいですか!
061024_1732~001.jpg061024_1821~001.jpg061024_1821~002.jpg
ここに佇んでしまったら、豚料理の殿堂「味珍」に入るしかあーりませんか!
本店の1階は満員でしたので、2階へ物凄く急な階段を上ります。2階は空いてますねー。カウンターに座りとりあえずの「ビール」でキリンのクラシックラガーを飲みます。
061024_1735~003.jpg
ほっと一息入れるとカウンター内のマスターから何にしますかの問い掛け。
えーと「耳」「ピータン」それと「ラッパ」(白菜の酢漬け)をお願いします。
061024_1735~002.jpg061024_1737~001.jpg061024_1735~001.jpg
この「耳」の艶やかさ。コラーゲン摂取しまくりの上、美味い豚の珍味が食べれる幸せ。ここの豚料理はホルモン焼きなどとは違って姿が「美しい」のです。
見た目が良い為、普段この様な物を食べない女性でも気軽に食べれるんだと思うが、実際の店内はおじさんの殿堂なのであります。(笑)
周りの先輩は「耳」「しっぽ」の注文が多く、「くらげサラダ」なんてのも結構出ていました。僕の好きな「かしら」は案外人気が有りませんな。
ビールをクーっと一気飲みしてしまいましたので、やかん(焼酎)を注文。
061024_1802~001.jpg061024_1758~001.jpg061024_1757~001.jpg
ハクション大魔王に出てくるような、「やかん」でコップから受け皿いっぱいに溢れさせて焼酎を注ぎます。この店には「梅割り」の壜がカウンターに置かれているので、お客は好きな濃さを自分で調節しながら「梅シロップ」を入れます。
ここの焼酎は宝焼酎の「マイルド25度」を使っているようですねー。
うまい、だが良い気になって飲み過ぎるとかなり酔っ払うので今日はこの辺で止めときましょ。次回は「腐乳」を試したいな。





posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

立ち飲み「花火」牡蠣フライが美味し!!

立ち飲み「花火」の牡蠣フライが美味し!!
061023_1954~001.jpg
「牡蠣のグラタン」なんてのも有る。
061023_1940~001.jpg
まさに「牡蠣」祭り。タウリン摂取しまくりなのだ!!
やはりぴったりなのは「黒ホッピー」
061023_1948~001.jpg061019_2209~001.jpg
秋の夜長は「黒ホッピー」ですなー。
061023_1933~001.jpg
もちろん復活した「モツ煮」にも合います。

今日の話題はおかあさんが、ビールの銘柄をS社から替えたがっている事でした。
「それならサッポロの「赤星」を入れてよと」と僕が提案。
案外、野毛では「赤星」が飲めない事と、東京の古い居酒屋では昔から飲まれている銘柄で、飲兵衛さんにはファンが多い事を説明すると、おかあさんは、「じゃあ問屋に早速TELして仕入れる」との事。
むふふっ。また、ハルの我がまま聞いてもらっちゃいました。別に、無茶なお願いでもないし、これから冬にかけては「赤星」のようなビールが好まれ売り上げに貢献すると思います。来週は楽しみだなー。
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

つけ麺の王者、高田馬場「べんてん」に新しい暖簾ができました。

つけ麺の王者、高田馬場「べんてん」に新しい暖簾ができました。これまでの暖簾は一度でも行った人には分かりますが、布が年々ぼろぼろになっていき、ここ数年はひもにしか見えないものでした。
IMG_0111.JPG
ぼろ布に見えるのがこれまでの旧暖簾(苦笑)

今日は雨です。それも秋の嵐です。それでも並んでいるのです。
061023_1050~001.jpg
気合を入れて早めに着き「シャッター前」でも、1ロット目には入れませんでした。
※「シャッター前」=開店前に並ぶ事。ラーオタ用語
061023_1100~001.jpg
おーっ、暖簾が新しくなっていますーぅ。
「麺・太・濃・多・美味・しい」と染め抜かれています。
まんま「べんてん」のポリシーですねー。(笑)
さて、かなり待ちましたが、今日のオーダーは久し振りに食べたかった、「つけメンマ」を呪文、じゃなかった注文。
ここの客は伝説的のオタな奴らが多いようで、「二郎」の客のように事細かな注文を、呪文のようにオーダーする奴らがいるのでも有名です。
061023_1129~001.jpg
店主、田中氏の麺上げ風景。
061023_1132~001.jpg061023_1132~002.jpg061023_1141~001.jpg
くーっ、相変わらず「メンマ」のボリュームは半端じゃないねー。
つけ汁に麺を付けられません。「メンマ」をよけてダムの様につけ汁の池を作り、麺をつけ汁に付ける場所を作り出します。(苦笑)
くーっ、相変わらず美味し。多少しょっぱいところがありますが、それをも凌駕する旨みとボリューム。やはりここのつけ麺は「王者」の風格でした。

posted by ハル at 14:46| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

地元 茅ヶ崎のスタンディングBar「Dao」

地元 茅ヶ崎のスタンディングBar「Dao」最近お気に入りです。
061021_0043~001.jpg061021_0042~001.jpg
夜中に「ブラディシーザー」飲みながらマッタリ。クラマトジュースがあるのが嬉しい。
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | BAR大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

福田フライ 再び絶品〆鯖

やはり先週食べた〆鯖が忘れられず、無くならない内と思いやって来ました。
野毛のブラックホール「福田フライ」。
またもや刺身の魅力に吸い込まれてしまったのです。
さて、合いも変わらず「チュウハイ」からスタート。
061021_1853~003.jpg061021_1911~001.jpg061021_1856~001.jpg061021_1853~002.jpg
フライはタウリンが一杯含まれている「エビ」とやはり大好きな「うずらのたまご」。
そしてハロウィンならば「かぼちゃ」でしょ。
おしんこは「かぶ」です。ここのぬか漬けは涙物のうまさです。
さて、お目当ての「〆鯖」はと言うと・・有りました。
061021_1856~002.jpg
くーっ!先週食べたものよりさらに身が厚い部分が切り出されてきました。酢の〆具合と言い、脂の乗りと言い。すばらしい。
ミスター長嶋曰く「鯖ですかー、フィッシュへんにブルーですねー」つー感じでした。(?)
posted by ハル at 13:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

神保町 「つけ麺さとう」

神保町につけ麺の店の出店が多くなってきたようです。ここも最近見つけた「つけ麺」のお店です。「つけ麺さとう」は神保町のスキーショップの集まる通りに面した好立地にありました。
061021_1248~001.jpg061021_1248~002.jpg
店へ入るとお昼時でしたが満席では有りませんでした。「つけ麺」の食券を券売機で購入し、お店のお姉さんに渡します。7・8分で「つけ麺」は登場。
061021_1254~001.jpg061021_1254~002.jpg061021_1254~003.jpg061021_1255~001.jpg
「つけ麺」の味は、「やすべえ」の劣化版と言ったところ。取り立てて美味いと思わなかった。ただ、つけ汁がかなりの高温なのは好感が持てた。メニュー構成的には、ほぼつけ麺の専門店的なので、もう少し頑張って神保町につけ麺文化を根付かせて欲しい。近くの「つじ田」の方が行列できてたぞ!!がんばれ
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

濱野屋のもつ煮

濱野屋のもつ煮に、黒ホッピーが合うのよ。
061020_2018~002.jpg061020_2018~001.jpg
ギネスだと濃すぎかなー?
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

「野毛のブラックホール」福田フライで最高の鯖を食べました。

いつものように「野毛の関所」、或いは「野毛のブラックホール」、福田フライにひょこっと吸い込まれると、ノブさんから「ノブさん前」に来いとのご指示。へいへい行きますよ若旦那。チュウハイを頼み、エビと牡蠣、そしてハロウィン的にはカボチャでしょう、という事でそれぞれのフライを注文。
061020_1938~001.jpg061020_1942~002.jpg
刺身はとホワイトボードを眺めていると、ノブさんが「〆鯖」と一言。うん、それちょうだいとハル。いやーノブさんお勧めだけあって、この「〆鯖」
061020_1942~001.jpg
僕がFFに通ってからNo1の刺身でした。すげーの一言。絶妙な酢での〆具合といい、鯖自体も最高の鮮度と脂の乗り。いやはやこれはおべっか、よいショではなく、本当に最高に美味かった。さて、もう一品はひき肉でノブさんが肉味噌を仕込んだとの事で、タンタン麺風の裏メニュー。
061020_1952~001.jpg
でもこれも今は肉味噌が無くなったので、頼んでも出てきませんのであしからず。
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金曜の夜は 銀座 金春湯→銀座 ロックフィッシュ

もう週末の恒例行事になってしまいました。1週間の疲れを銀座「金春湯」で癒しましょう。
061019_1952~001.jpg
今日は男湯にお客さんが誰もいませんよー!小一時間位、僕だけの専用銭湯になっていました。対して女湯は近所のばあちゃん達で賑わっているようです。さっぱりして湯上り、入口の自販機で冷たいお茶を飲んで涼んでいると、ばあちゃん達も出てきて僕の隣りに座り、道行く着物姿のホステスさん達の着こなしチェックをし出します。「あーあの娘の着物の着方はなってないねー。」等など、厳しい厳しい。それにしてもこの銀座のど真ん中で、まだまだ近所に住んでいる人がいるんですねー。殆どのばあちゃん家が家風呂があるはずなんだけど、銭湯は地域のコミュニケーションの場なんでしょうね。まーたぶん嫁の悪口でも言い合って憂さ晴らしでもしてんだろうなー。(笑)
さー汗も引きましたので、向かうは銀座コリドー通りのロックフィッシュです。
061019_2043~002.jpg061019_2043~001.jpg
今日もいつものハイボールで喉を潤します。
061019_2003~001.jpg061019_2003~002.jpg
今日のつまみは、ここの名物缶詰の一つでもある京都 宮津の竹中缶詰の「牡蠣」をオーダー。
061019_2006~002.jpg
スモークしてある牡蠣はハイボールに抜群に合いますなー。銭湯帰りで喉が渇いているので、ハイボールのお代わりのピッチがおのずと上がりますねー。さて、これ以上飲んじゃうとかなり酔っ払うので、今日は終了です。
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ロックフィッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

ホッピー仙人の後は、「スナックよっちゃん」で歌いまくりなのだー!!

ホッピー仙人の後は、「スナックよっちゃん」で歌いまくりなのだー!!
10月17日の話。
061017_2204~001.jpg
先客さんは、女性客数人の歌の上手いお客さんでした。
061017_2203~001.jpg
普段はカラオケなんてまったく歌わないハルは燃えました。但し、多勢に無勢なので、助っ人をメールで呼びます。向かいのムービースターで飲んでいた、Chakaチャンと亜由美チャンはすぐ来てくれました。こっからは歌いまくり、相手のお客さんも大盛り上がりで「スナックよっちゃん」の夜はふけるのでした。追伸、次の日は声ガラガラでした。

尚、「スナックよっちゃん」の営業日は

毎週月曜・・・18〜26時
第三火曜・・・18〜26時
毎週金曜・・・23〜始発☆  だそうです!

posted by ハル at 13:19| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | BAR大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

秋は黒ホッピーが美味いです。ホッピー仙人

秋になると各ビールメーカーは秋限定の濃いめのビールを発売しますが、最近は発泡酒、第三のビールに押されて以前に比べて、注目度が低くなってしまいました。そんな中で黒ホッピーは、この秋僕の立ち入り先では、かなり飲まれ始めました。
061017_2130~002.jpg
気温が低くなるとスッキリな白ホッピーより黒なのでしょうか?僕はホッピー仙人では年間通じて白6:黒4の割合で飲み分けています。ホッピー仙人では今年もヌクッピーを出し始める季節が近づいてきました。
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

福田フライ コハダ刺し&二色ライス

福田フライで刺身を食べない時が無い程、ノブさんには色々な魚を楽しませてもらってます。
061017_2025~002.jpg
今日は、店に入るといつものチュウハイ。
061017_2023~001.jpg
ここのチュウハイはすっきりしていて、本当にフライに良く合いますし、刺身などの味も邪魔しませんので大好きなのです。今日は何を頼もうかな?壁に貼られているメニューとにらめっこ。
061017_2025~003.jpg
フライはこれまたいつもの「かぼちゃ」。それと「牡蠣フライ」「たまねぎ」です。
061017_2025~001.jpg
牡蠣はタウリンという成分が豊富で肝臓の機能UPや体脂肪の燃焼促進などの効能が有る様なので、これからの季節は積極的に摂取だな。「かぼちゃ」と「たまねぎ」のフライは揚げ上がると甘くなるのが大好きな理由かなー?自然甘みは堪らんよね。
さーて、今日の刺身は「こはだ」軽く酢でしめてあって美味し。しめ過ぎの「こはだ」の多い中、ノブさんの仕事はGoodです。「こはだ」の余分な脂を酢で流しつつ、刺身の中心は生の部分が残っていて、「酢漬け」のこはだになってないところが良いんです。
「ハルさん、2色ライス食ってく?」とノブさん。「うん、食べる、食べる」出てきた物がこれ。
061017_2035~001.jpg
(このメニューはもう有りませんのであしからず。)
左側に掛かってるのは、僕の大好きなハヤシライス。左はホワイトソースで煮込んだきゃべつと貝。美味かったけど、今日だけの限定品でした。ハヤシライスのソースも無くなってしまった様なので、次に仕込むのはいつだろーなー?年内にもう一回は仕込んでくれないかなー。

posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

午後のとんかつ「いもや」

神保町の近くに寄ると必ず食べるのが、「いもや」のとんかつ定食700円。
¢??¢@??±〓????????.jpg
学生街だけあって、様々な飲食店があるなかでコストパフォーマンスといい美味しさといい、「いもや」の各店舗(とんかつ・てんぷら・天丼)は他の飲食店の追随を許さないのです。今日は珍しく午後1時半頃の入店となりました。長年通って気付いた事ですが、昼過ぎになると「とんかつ」の肉の厚みが厚くなります。
061017_1415~002.jpg061017_1415~001.jpg
(相変わらず、この店のご飯は美味い)
逆に言うと昼飯時の一番忙しい時は、肉の厚みが薄くしてます。勘の良い方なら分かると思いますが、忙しい時は肉の厚みを少し叩いて薄く伸ばした肉を揚げる事により、揚げ時間の短縮化を図っているものと思われます。午後の暇な時間帯はゆっくり「とんかつ」を揚げるので肉を厚くしているのです。肉の総重量は違わないのですが、僕はがっついているので、薄く伸ばした大きく見える12時台のとんかつが好きだなー。(爆)
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

神保町「北かま」つけそばは濃厚だが?

お茶の水の近くに来た時の昼食は、決まってとんかつの「いもや」で食事をするのですが、今日はつけめんの「北かま」に来てみました。
061016_1134~001.jpg061016_1152~001.jpg
この店、横浜の弘明寺から引っ越してきたんですね。店の外に有る券売機で「つけめん」の食券を買い店に入ります。物凄いモダンな店内です。つけ麺屋ぽくないなー。僕はハッキリ言って嫌いな内装です。食券を店員に渡し、暫し待っていると、僕ともう一人の客しかいなかった店に続々と客が入りだし、店内に行列まで出来てしまいました。出てきたつけ麺(つけそば)は噂には聞いていましたが、見るからに濃厚なつけ汁ですねー。(渡辺氏プロデュース店)
061016_1141~002.jpg
今ブレイク中の大崎の六厘舎のつけ汁以上の濃厚系です。つけ汁の具は、ばら肉系のチャーシューが2枚、もも肉系のチャーシューが1枚、味玉、穂先メンマにネギと言った具合。
061016_1142~001.jpg
早速麺をつけ汁に投入し食べてみると…見た目通り麺につけ汁がどろっとと絡み付きます。でも、おいしいんだけど、案外「旨味」が感じられないのです。出汁の風味(コク)が無いというか、それと、決定的につけ汁がぬるいんです。これは濃厚系のつけ汁を出している店の最大の弱点ですねー。余り高い温度でこの手の濃厚系出汁を置いておくとしょっぱくなったり、苦味が出るなど、何かの理由が有るのでしょう。決して癖になる味ではないですなー。
061016_1141~001.jpg
ただ麺はなかなかのレベルでした。どうも他のつけ麺屋が続々と神保町に出店し始めているようなので、この店ももっと特長出して頑張らないといけませんねー!
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

熊沢酒造 オクトーバーフェストに野毛ラー里香ちゃんが出演!!

熊沢酒造オクトーバーフェストに、我らが里香ちゃんがピアノのライブ演奏で出演。初日の夕方、私用から急いで帰って熊沢酒造に様子を見に行くとタケちゃんにばったり。今日は親父さんと来る予定だったので、小一時間後位に来ますよなんて、その場は別れてその後来て見たら・・・唖然!物凄い行列になっています。うわー失敗した。これは今日は諦めようと言う事になり、明日は一人で来る事になっちまうなーなんて思いつつ、結局chakaちゃんとウメちゃんと一緒に行く事になりひと安心。今日は用心の為1時半に、熊沢酒造前で待ち合わせとしました。案の定、昨日の夕方ほどではないですが空席待ちで行列が出来ています。
IMG_1833.JPG
さて、料金を払って中に招き入れられる時、まずい・・・里香ちゃんの演奏する建物と違う所(和食の点睛)へ入れられそうだ。案内してくれる係りの人は、前に入って行ったお客さん達の若い担当とは違い部長さんみたいだ。「あのー知り合いがトラットリアの2階でピアノ弾くんで見にも来たんですが・・・」「あーそうですか、じゃ、今席が空いてるか見に行かせます」・・・「丁度今2階のピアノの側が空いていますので、そちらへ」うおーっ、やったー。ラッキーです。
IMG_1851.JPGIMG_1838.JPGIMG_1840.JPGIMG_1839.JPG
2階に上がると里香ちゃんと一緒に16Gさんご夫妻がいらっしゃいました。
IMG_1834.JPGIMG_1852.JPGIMG_1843.JPGIMG_1845.JPG
(このジョッキはおみやげでもらえたのだ)
里香ちゃんの演奏までには少し時間が有りますんで、地ビール&おつまみを飲み、食べまくりなのだ。
IMG_1848.JPGIMG_1835.JPG
もちろん日本酒も飲みまくりなのだ。ピザは石釜で焼きまくりで大変美味。
IMG_1849.JPGIMG_1836.JPG
他のつまみもイタリアンですが豊富に揃えられており大変満足できるものでした。カレーもありました。
IMG_1854.JPGIMG_1846.JPGIMG_1853.JPG
里香ちゃんの演奏の前には、弦楽5重奏なんてのも聴けました。
IMG_1842.JPG
さて、里香ちゃんはドレスに着替えてきました。着物の生地を使ったドレスは古い酒蔵を改造したこの建物の雰囲気に合っていました。
061015_1517~002.jpg
演奏が始まると選曲が良いですねー。演奏もさすがプロ。小さい子供が兄弟でじっと里香ちゃんの演奏を眺めておとなしく聞き入っていたのは実に微笑ましかったですねー。
うーでもせっかくデジカメで里香ちゃんの演奏風景が数分間録画でき、自分のPCにも取り込めているのですが、このブログにUPするファイル容量が動画も録音もオーバーしていてUPすることができませんでした。演奏の録音は全曲デジタルオーディオプレイヤーでしましたので、野毛ラーの皆さんにも何かの機会に聞いてもらいましょう。
posted by ハル at 22:12| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | BAR大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

金曜の夜は、銀座 金春湯→ロックフィッシュ→銀座Barオーパ→新橋Barグラビティー→茅ヶ崎 Bar Dao

先週来た「銀座金春湯」をすっかり気に入っちゃったハルは、今週も「金春湯」に一ッ風呂浴びに来てしまったのです。
061006_1851~001.jpg
今週もドタバタで仕事が終わり本当に疲労感一杯で来たのですが、番台のおかあさんに入浴料400円を渡そうとすると今日は無料の日との事、やったーラッキー。第二金曜は無料なんですか?と問いかけると、番台のお母さんは、「お気軽に毎日来てくだされば月に1回無料の日があるんですよ」とのお答え。うまいなー、でも前々から中央区の銭湯は毎月第二金曜は中央区在住者と在勤者が無料なのは知っていましたが、番台のおかあさんがそう言うのだから、出来るだけ毎週入りに来ましょう。
いい塩梅にさっぱりしたならば、速攻で銀座ロックフィッシュの突入。ここでは僕が何も注文しなくてもすぐハイボールを出してくれます。
〓〓〓@〓〓〓[〓.JPG
風呂上りのハイボールは最高だねー!!銭湯帰りでロックフィッシュに来る客なんてハルぐらいだろねー。ヒヒヒッ極楽極楽!!お腹が空いていたので、つまみは「生ハムとカマンベールチーズのサンドイッチ」
〓〓〓〓〓〓.jpg
生ハムの適度な塩気がカマンベールのクリーミーさと合間ってがつがつ行っちゃいますねー。ハイボールも速攻3杯いただき最高の気分でロックを後にすると、向かうは銀座1丁目並木通りに店を構えるBarオーパであります。金曜のこの位の時間は満席で入れないのですが、いつもの大槻マスターの前こそ無理でしたが、1席空いていてラッキーでした。
????〓〓〓[.JPG
今日はショートカクテルの「ハンター」をオーダー。バーテンダーの岩本君曰く、「狩人」ですねとの事。「あずさ2号だね。笑」うん、ライウイスキーのアルバータースプリングで作ってもらったカクテルは最高の出来でした。数杯いただき物凄くいい気分で向かうは、遠征しますよー!新橋のBarグラビティーです。
〓〓〓〓〓[??????±.JPG
今日は今月のカクテルを数杯頂きました。相変わらずバーテンダーの平野さんのカクテルは安心して飲める素晴らしいものでした。おーーっ!!JBA BAR SUZUKIでいつもご一緒する竹内さんに、ついにグラビティーでお会いできました。おたがい抱き合い(デブ同士の抱擁・・ある意味他人さんは見たくないでしょう)この店でお会いできた事を喜び合います。電車の時間も有り長くはお話できませんでしたけど、僕は嬉しかったなー。さて、グラビティーを後にし、東海道線に乗り地元の駅に降りると今週も行ってしまいました。最近お気に入りの茅ヶ崎駅駅前のBar Dao(ダン)に突入ーー!!日付が変っていましたが、皆さん良い感じで飲んでますねー。
061014_0138~003.jpg061014_0138~001.jpg061014_0138~002.jpg
茅ヶ崎はBar不毛の地で良質のBarが数えるほどしかありません。ここは北口に最近できた中では気軽さと言い、スタッフの人柄といい、出てくるお酒(カクテル)といい、店の内装といい、非常に質の高い物が有り大のお気に入りになってしまいました。バーボンソーダ他をいただき今日もベロベロで帰宅なのでした。(猛爆)
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | ロックフィッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

浅草 大衆演劇「大勝館」お食事処で、旨いつけ麺を食らう。

浅草の大衆演劇の劇場に併設されている食堂に、旨い「つけ麺」が有るとの噂を聞きつけ、やっと行って来ました。「浅草 大勝館」は大衆演劇の劇場です。
061012_1143~001.jpg061012_1207~001.jpg
僕の行った昼飯の時間はロック座の並びとは言え、平日は人通りも少なく、浅草と言えどものんびりしたもんです。劇場正面右側に併設の「食事処 大勝館」の入口が有ります。
061012_1143~002.jpg
中に入ると、これまたお客さんがチラホラいるだけです。大衆食堂の雰囲気ですが、メニューにはシッカリ「つけ麺」がありました。それもつけ麺の聖地「東池袋 大勝軒」からの直仕入れのつけ麺との事。おーっ。つけ汁も麺もあの「大勝軒」からの直仕入れとなれば、いやがうえにも期待しちゃいます。しばし待つと出て来ました。典型的「大勝軒」のつけ麺。
061012_1155~001.jpg061012_1156~001.jpg061012_1155~002.jpg
食べて見ると、あっ。当たり前ですが、大勝軒の味だわ!しかし、よく出来ています。肝心したのは、つけ汁が熱い。おそらくチャーシューと玉子を別鍋で熱くしてからつけ汁と合わせている様で故に最後まで熱々で食べられました。中の具も素晴らしい。厚めに切られたチャーシューが二枚。玉子は丸々一個、ノリとナルトが各ニ枚。それとメンマもけっこう入っていて、こりゃあ本家の池袋よりも具材は充実していますよー。つけ汁が甘酸っぱい事と麺が普通過ぎなのですが、こういう雰囲気で食べてると細かい事なんて気になりません。へたな大勝軒の暖簾分け店より、本当に良く出来ていたのでビックリの一品でした。なんてったってここは浅草の大衆演劇の劇場の食堂だよ!面白いよねー。だからこそつけ麺食いはやめられねー!。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。