2006年09月24日

秋葉原伝説の、牛丼「サンボ」

とにかく伝説の牛丼屋に祭り上げられています。(笑)
秋葉原の牛丼「サンボ」は長きに渡り秋葉原の男達の胃袋を満たして来た、男の牛丼屋なのです。
060925_0849~001.jpg
(開店前のサンボ)
060925_1337~001.jpg
秋葉原系オタク、サラリーマン、ガテン系のアンチャンと様々な奴らの腹を満たして来たのです。今日の注文は牛丼ではなく、牛皿。
IMG_1823.JPG
ここでは「お皿」と呼ばれているメニューをオーダー。量多いとか味が甘いとの噂でしたが、なんのなんの正統派の牛丼の汁。豆腐と糸こんにゃくが入っていて、きっちり「すき焼き風の牛皿」していてハルの大好物系です。これに味噌汁、卵をつけて550円よー、ちょっとそこの奥さん。丼飯も吉牛の大盛りを遥かに超える大盛りぶり。ここで大盛り食ったらどうなるのか。


posted by ハル at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。