2006年06月17日

「永福町 大勝軒」

念願のお店に、来ましたよー。何年振りでしょうか「永福町 大勝軒」。緑色の看板が印象的な店構え、白い暖簾をくぐって店へ入ります。
060615_1043~001.jpg060615_1147~001.jpg060615_1103~001.jpg
清潔な店の中を、従業員が氷の入ったお水を持って来ます。この氷入りの「お冷や」をラーメン屋で出し始めた最初のお店などと店のHPに出てました。兎に角、そこかしこに伝説が残る「こだわりのラーメン屋」のはしりなのでしょう。厨房を覗くと真っ白なポロシャツを着た、年配のご主人が黙々と仕事をしています。たまに従業員に言葉短く指示を出すのと、「いらっしゃいませ」、「有難うございます」の客への挨拶だけが厨房の中に響くだけです。渋い仕事ぶりですねー。回りのお客さんは「チャーシュー中華そば」を注文しますが、僕はメタボリックの対策にて、チャーシューの摂取は控えなければなりません。(涙)なのでメンマを追加オーダーします。10分弱で「中華そば」と「メンマ」がアルミのお盆に載せられ運ばれてきました。
060615_1129~001.jpg060615_1129~002.jpg
相変わらず丼のでかい事。たっぷりの麺に、たっぷりのスープ。スープの表面に薄く浮かべられているオランダ産の高級カメリアラードは、スープの温度を下げない為の物です。デフォルトのトッピングは昔と変わり、「ゆで卵」と「なると」が無くなった代わりに、チャーシューが2枚増えました。僕は「ゆで卵」の方が好きなんだけどなー。「メンマ」は挽き肉と一緒に煮込んだ物だそうで、挽き肉が少し入っていました。早速麺を啜ります。されど、急いではいけません。この店のスープはとても熱く、前に来たときも舌がヒリヒリした事がありました。気を付けてフーフーします。あー素直に美味い〜。化学調味料が一切入っておらず、昔ながらの東京のラーメンと言う感じ。スープの温度も極端には熱く無く普通に食べ進められます。チャーシューを食べると、これはそっけない味で(笑)、これも昔から余り変わっていないようです。だけど相変わらず、麺の量が多いですねー。つけ麺の大盛で日頃から鍛えている僕でも少し持て余し気味、途中トッピングの「メンマ」で変化をつけながら食べ終わりました。いつの間にか店内と店の外には10人以上の行列が出来ていました。お土産だけを買いに来るお客も多いので、こりゃ1日相当数のラーメンが出る店だと思います。店を出て少し経つとお腹が落ち着いてきました。消化の良いラーメンなんでしょう。これは良いラーメンの絶対条件だと僕は思っています。化学調味料やカンスイの多い麺だとこうはいきません。そうそう、この店は高齢のお客さんが多いのも印象的でした。


posted by ハル at 20:48| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。