2006年06月08日

「福田フライ」の「マグロ漬け丼」

混み出した「ホッピー仙人」を後にし、今夜も向かうは、野毛の関所「福田フライ」であります。店先にお連れさんと談笑中のゴーヤさんを発見。挨拶をして店に入ると、jakeさんが「ホッピー仙人」から移動して飲んでいました。今日はカウンターの奥に女性客6名位が楽しそうに飲んでいました。お1人は前にもお見掛けしたので常連さんなんでしょうね。ここもノブさん曰わく大分客層が変わって来ているようです。「最近知らない客が多いだよねー」とやはりネットの影響なのでしょうか?良い事、悪い事色々あるでしょうからブログへの掲載は慎重にしなければ、へたな情報を載せると迷惑掛けるかもしれないな、ブログは慎重に書かなければ。さて、注文は「酎ハイ」これはここでは自動的に出て来るようになってしまいました。だって殆どこれしか飲まないから。(爆)
060607_2050~001.jpg
揚げ物もこのブログを見ていただければ分かりますが「かぼちゃ」は必ず注文しているのでこれも半分デフォルト品で出てきます。後二つは「椎茸」、「うずらの卵」を頼み結局代わりばえしないオーダーなのでした。
060607_2052~001.jpg
その代わりホワイトボードの魚料理は仕入れの関係もありオーダーの楽しみを与えてくれるのです。「スルメいかの刺身」がありますねー、注文すると「肝」付きで登場。この「肝」がバカ美味。〆には「マグロの漬け丼」をいただきました。
060607_2053~001.jpg060607_2106~001.jpg
赤身が美味いんだよねーっとノブさん。悪いけどマグロに関してはハルはかなりうるさいですぞー。母親の実家が築地の市場でマグロの仲卸問屋を営んでいた関係でマグロに関しては贅沢させてもらいました。だって年末なんて正月用でマグロのでっかい皮付きの「輪っか」が送られてくるんですから。でもノブさん美味かったよー。


posted by ハル at 18:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。