2006年05月31日

月島「大島や」でひとり飲み

東京都中央区月島。この下町は僕の母の出身地であり、僕自身も小さい頃から馴染みの街である。隣り街の佃と共に、高層マンションが競う様に建てられ、典型的路地裏の風情が魅力なこの下町は、高層マンションに埋没するように佇む街になってしまいました。下町の商店街であった西仲商店街は、あっという間に「もんじゃ焼きタウン」に衣替えしています。母の実家がそうであったように、築地の河岸での商売に関係している人間も多く住んでいる街でもあります。今日は前々から来たかった月島の「大島や」の、暖簾をくぐります。
無題.bmp
(入口の写真を取り忘れ、しげるのチャンネル様から拝借の写真です。すみません。orz)
隣りの「大島屋」と言う酒屋の若旦那が営むこの立ち飲みは、実に常連率が高く来る人、来る人主人と必ず挨拶し言葉を交わしております。今日は「マグロぶつ」と「牛すじ煮込み」を注文。お勧め品のようで、周りのお客さんは皆さん注文しています。
060530_1944~001.jpg
お酒は当然の事ながら「ホッピー」の白を注文します。ここは「ホッピージョッキ」がキンキンに凍った状態で提供されるのは嬉しい限りです。焼酎は何を使用しているのかは不明です。3キンホッピーが飲める月島地区では貴重な店であります。客は口から生まれて来たようなうるさいアンチャンを中心に盛り上がっていました。下町らしい下品な話題の話もある意味良い味を醸し出してます。「ホッピー」を白・黒・白3杯で満足、満足でした。


posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

つけ麺「柾木」塩つけ麺

先週に引き続き、今週も啜りに来ちゃいました、本郷三丁目のつけ麺「柾木」。「塩つけ麺」の味の確認です。
060524_1245~001.jpg060524_1245~001.jpg
感想は、要するに「しょっぱい」それだけ。「こく」が無い。それによって食べ進める内に「つけ汁」が、だれてくると同時にしょっぱさだけが際立ってきちゃうのです。ここはデフォルトの「つけ麺」で十分満足です。只、「塩つけ」は他の店でも美味いものが殆ど無いのは、それほど難しい「つけ麺」なんだろうなー。それにしても、隣りの「加賀屋」のランチ美味しそう。今度はあっちに行ってみよう。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

銀座「ロックフィッシュ」でサンドイッチ

今日は銀座「ロックフィッシュ」が一軒目。お腹が空いていたので、「サーディンとトマトのサンドイッチ」と「ハイボール」を注文。
060526_2038~001.jpgIMG_1427.JPG
カウンターの位置は一番好きな、「角瓶を抱っこするクマ」の前です。
IMG_1426.JPG
元々ニッカウィスキーが販促の為、BARや酒屋に配っていたように聞いています。ここのクマはサントリーの角瓶を抱っこしていますが、本当はニッカのブラックニッカを抱いているのが本当のようです。このクマをネットのオークションでぜひ購入したいと思っていますが、なかなか出品されません。どなたか譲ってくれる人いませんかねー。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ロックフィッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

「湘南大勝軒」にて「もりそば」を食らう。

久しぶりに湘南地区にて仕事が終わったので平塚市の「湘南大勝軒」に「もりそば」を食べに来ました。
060526_1255~001.jpg060526_1255~001.jpg060526_1246~002.jpg
相変わらずサッパリとした味わい。最近は味が濃いつけ麺を食べる事が多いのでサッパリとした味に感じてしまうのでしょうか。丁寧に作っているのは分かりますが、もう少し味のメリハリが欲しいです。
posted by ハル at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

土曜日の「豚の味珍」

土曜日の早い時間。「豚の味珍」に入ります。
IMG_1412.JPGIMG_1411.JPGIMG_1409.JPGIMG_1410.JPG
相変わらず混んでますね。僕が店を覗いた時は一階のカウンターの一席が空いてました。オーダーは「かしら」と「辣白菜」お酒は「ビール」を注文します。
060520_1824~001.jpg
カウンターのお客さんは、横浜ベイスターズの石井選手の2000本安打達成の話題で盛り上がっています。僕も昔は、熱狂的「大洋」ファンでしたので、石井選手が投手だった頃、生で見たことありましたよーなんて横から話しに入ると、ウケまくり色々な野球話しで盛り上がりました。「ヤカン」をもらい、飲み干したら、野毛へ出発です。御馳走様でした。
posted by ハル at 01:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

野毛のお魚帝国「福田フライ」

福田フライのホワイトボードを睨むハル。ニヤニヤと挑戦的な表情で迎え撃つノブさん。「うーん…、カワハギ!!肝付けて!!」とハル。「言われなくても肝付けるよ」と、ノブさん。
060526_2251~001.jpg
美味い…今日も負けたよ、美味いよノブさん、完敗だよ。次は負けねえからな、覚えてろよー!!(爆)
posted by ハル at 01:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

「花火」→「ホッピー仙人」→「福田フライ」勝手に野毛飲兵衛ラリー

昨日は飲み過ぎた、今日はおとなしく帰ろうなんて事ある訳無いだろう!!。全然反省が無い訳です。「花火」では軽く飲み、次は「ホッピー仙人」。たまに飲みに来る、某寺の坊さんから観音様の手書きお札をもらう。「福田フライ」ではいつもの「チュウハイ」に、ノブさん特製の「ハヤシライス」と「かぼちゃ」「砂ギモ」「椎茸」のフライ、刺身は「カマス」軽く焼きを入れている逸品を注文します。
060525_2232~001.jpg060525_2251~001.jpg060525_2231~002.jpg060525_2231~001.jpg
旨過ぎる、刺身好きにはたまらん店です。「カワハギ」と迷いましたが、明日食べに来る事でノブさんと約束し店を出ました。今日も大満足でした。
posted by ハル at 19:15| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

「武蔵屋」を愛する僕だから言いたい。

最近多いんですよね。僕がカウンターでホッとしながら飲んでいると、これから店に行きたいんだけどという旨の予約電話がありました。
060524_1957~001.jpg
少し経った午後8時40分ころ電話を掛けてきた男性が7人も連れてやって来ました。続きを読む
posted by ハル at 18:45| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 武蔵屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

本郷3丁目 つけ麺「柾木」

ネットで見つけた、地下鉄の本郷三丁目駅を出てすぐのつけ麺「柾木」に今日はつけ麺を食べに来ました。
IMG_1408.JPGIMG_1406.JPG
駅から近くて分かりやすいですね。居酒屋の「加賀屋」の隣です。注文は券売機制なんです。初めてなのでデフォルトの「つけ麺」普通盛りをオーダーします。(大盛り無料だそうです)
IMG_1405.JPGIMG_1404.JPG
出てきた麺はつやつやしていて、僕好みの麺です。つけ汁も最近流行の重い感じの物ではなく、節系スープと動物系スープがバランスよく配合された、万人向けの味わい。かなりアバウトに言ってしまうと「やすべえ」とか「ごんろく」の、甘々の付け汁から甘さを引いて酸味を少し足した感じの味です。スープ割りも美味しく完飲。良い店を見つけました。少し通って定点観測をしてみようと思っています。次回は「塩つけ」に挑戦だな。
posted by ハル at 16:37| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

福田フライは洋食屋か?

ノブさん特製の「ハヤシライス」を食う俺、満足。
060519_2206~003.jpg060519_2206~001.jpg060519_2206~002.jpg
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

銀座に新しい立ち飲みができました。「丸吟」

先週「ロックフィッシュ」を出た後、コリドー街に新しい立ち飲みができたのを発見、店名は 立ち呑み「丸吟」です。
060522_1943~001.jpg060522_1943~002.jpg
来週はチェックだなと店の前を通り掛ると、店先にいたお兄ちゃんが生ビール百円ですとの呼び込みをしています。速攻で入店(苦笑)焼鳥ともつ焼きの店なんですね、店内は古いホーロー看板や往年のスターのブロマイドなど、いろんなところに出来ているレトロ調の装飾です。まー我々の様な飲み助さんは、装飾うんぬんではリピーターにはなりません。要はつまみの味で勝負してもらわなきゃ通う理由が無い訳です。飲み物は100円サービスの「モルツ生」を頼みます。焼き物は何にしましょうかと店のお兄ちゃん。「ささみの塩焼き」をと頼んだら、この店では、梅・わさび・ゆず胡椒の味を選ぶとの事。ゆず胡椒と言いかけましたが、わさびをオーダー。追加で「ねぎ間」と「砂ギモ」「もつ煮込み」を頼みます。
060522_1929~001.jpg060522_1928~003.jpg060522_1928~004.jpg060522_1928~001.jpg060522_1928~002.jpg
ビールはタンブラーじゃなく中ジョッキで出てきましたよ。嬉しいじゃないの。押っつけ焼き物も出来上がりましたよ。ささみのゆず胡椒も試して下さい。焼き方のお兄ちゃんから、「ささみ焼きのゆず胡椒添え」を1本サービスしてもらい上機嫌のハル。我ながら単純ですなー。もつ煮込みもなかなかだし、何より焼き物がシッカリしているのは感心した。オープンして1ヶ月だそうだが、コリドー街では貴重な立ち飲み屋なので、頑張ってもらいたい。あとホッピー(もちろん氷無し)置いたら通うんだけどなー。今後に期待。
posted by ハル at 12:21| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

都会の角打ち「升久」は「大人の社交場」

月曜日から飲んではいけないなー、なんて思っていても・・・駄目ですねー。今日は軽く飲みで終了と、心に誓い飛び込んだのは京橋の老舗酒店「升久」です。
060522_1858~001.jpg
ここは夕方から角打ちになる有名な酒屋さんです。僕はずーっと日本橋の会社で育って来ましたので、随分と昔からこの店の前を行き来していたのですが、角打ちを楽しんでいる人達が年配の渋いお客さんばかりの為、長年入りずらいお店のベスト3になっていた酒屋でした。でも年齢的に、まだ常連さん達には追い付いてはいませんが、他の店で鍛えられれてき事もあり、今では臆する事無く飲める様になりました。(おじさん化が進行中)店主のおかあさんのいるカウンター周りは、すでに常連さんでいっぱいです。奥にあるビール等が冷やしてある冷蔵庫で黒ビールを取り出しミックスナッツと一緒に会計です。ナッツのパックをおかあさんは会計時に素早くはさみで切り開け、お皿に入れてくれました。
060522_1825~001.jpg060522_1826~001.jpg060522_1841~002.jpg
こういうちょっとした心使いがこの店の人気の秘密なのかもしれません。さーて立ち飲み場所確保はどこにしましょうかねー。常連さんは思い思いの場所で飲んでます。それぞれこだわりの場所なんでしょうね。僕は店の真ん中にある商品棚で飲む事にしました。半円形の商品棚は味のあるバーカウンターになりますなー。
060522_1841~003.jpg060522_1841~001.jpg060522_1841~001.jpg
黒ビールとミックスナッツを飲み食べ終えると、次は、笹かまぼこと冷蔵庫から「菊正宗の樽酒カップ」を取り出しお会計。静かに飲む「角打ち」いいですねー。ゆっくりと「升久」の雰囲気を味わいます。大人の社交場で、心を癒やされ店を出ました。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

5月19日夜飲み1件目「桜木町」立ち飲み「花火」

桜木町駅を降りると自動的に吸い込まれるのは、立ち飲み「花火」であります。今日のオーダーは「ホッビー」と「厚焼き玉子」と「コハダ」を注文します。
060519_2233~001.jpg060519_2230~001.jpg
この組み合わせいいにゃー。さっくり飲んでごちそうさまです。
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

大崎「六厘舎」麺が変わりました。

つけ麺をどこで食べようか…。朝から悩んでいる時点で仕事より、昼飯どこで食おうかになっちゃっているのは、我ながら本当にふざけてます。いかんと思っていても今日の仕事先的だと・・・大崎の「六厘舎」だな、なんて計画してしまうのはいかんですなー。なんて言っている割にはしっかり2回転目の列に並んでいるのは、なんなんなでしょう?つけ麺を注文して、出てきた麺の方を見るとネットで見たとおり、麺は「浅草開化楼」の特注品の麺に変わっていました。
060519_1156~002.jpg060519_1157~001.jpg
ここの「つけ汁」は濃厚で従来の麺では味的に負けて勿体無いなーっと思っていましたが新しい麺は、しっかりしたストロングな逸品。つけ汁に負けずに麺を主張していますが…。僕の好みのチュルチュル感がないのです。麺が太くゴワゴワした感じ。一段の麺の進化を期待しています。
posted by ハル at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

カジーパウダーは美味い。

日本橋から電車に乗り着きましたよ「日の出町駅」。ホッピー仙人に向います。
ホッピー.JPG
「白キン」と「超ホッピー」の2杯を飲みます。今日は焼き鳥の缶詰めにカジさんオリジナル調合のカレーパウダーを振り掛け食べました。これが美味い。僕は別名「カジーパウダー」と呼んでいます。調合して一年寝かせて作ったこだわりの逸品です。焼き鳥缶詰めをつまみにするときは「カジーパウダー」を是非とも振り掛けて見て下さい。しかし、カジさん曰わくカレーにして食べるとなぜか?な味な様です。
posted by ハル at 01:25| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

土曜日の「ホッピー仙人」はカラオケ大会

土曜日に会議ですよ。会社を出たのが16時位です。野毛入りする前に銀座「ロックフィッシュ」で気持ちを落ち着かせます。
060405_2304~001.jpg
ハイボール2杯を軽くやり、新橋から移動します。桜木町へは、7時前には到着。立ち飲み「花火」は今日はお休み。そのまま「ホッピー仙人」へ。
ホッピー仙人 2006 5.18.JPG
スーさんがコーナーシュリンプのお姉さんと良い感じで、ご所望のカラオケが始まります。
IMG_0548.JPG
スーさんは「聖子はいいニャー」といつもセリフ。オノケンといえばアニメの訳判らない主題歌とヒーローもの主題歌を熱唱。「ガッチャマン」と「キカイダー01」はオノケンと僕とで絶叫。ビックリしたのはアニメの「ベルサイユのバラ」をオノケンはフルコーラス歌詞も見ず歌えます。凄い。この後も僕がトイレにいても聞こえる、オノケンの「ダダダダダー」とか「ズババババーン」みたいな昭和アニメ独特の節回しが、吉田橋商店街の2階にフルボリュームで響き渡るのでした。
posted by ハル at 01:06| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

ホッピーは胃に良いのか?

久し振りに前日から胃の調子が悪く憂うつ。今日は禁酒しようか迷いましたが、エイヤーで野毛入り。1件目は「ホッピー仙人」に突入します。
ホッピー仙人 2006 5.18.JPG
オノケンちゃん、カジさん、チャコちゃん、里香ちゃん等いつもの常連さんでいっぱいです。追っかけ、ゴンチチさん、ゴンちゃんの男2人旅親子とケンタロウ君が登場、tamさんがお連れさんと登場です。僕は「花火」に移動です。それにしても「ホッピー」を飲んだら胃痛が治ってしまったのはなんなんでしょう。不思議です。「花火」では常連の「あまからしゃん」さんと焼鳥屋の修業について語り合いました。阪東橋駅の前に立ち飲みのお店を持っているのに、店を休んでいるのは勿体ないですねー。僕だったらすぐにでも営業するのになー、勿体ない事です。〆炭は「中華一番屋」で今日の定食の「鳥カラ炒め」を注文。
060518_2355~002.jpg060518_2355~001.jpg060518_2340~001.jpg
ここの定食は最近のお気に入りです。今日も遅い時間に食事をしちまった。いかん、いかん。反省。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッピー仙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

福田フライはお魚図鑑居酒屋なのである。

今日もノブさん仕入れの数々の魚の名前が、ホワイトボードに書かれています。それはノブさんが客に「迷え、迷え、注文を迷えーっ」と挑発しているようにも見えます。えー迷ってやりますよ。しばしホワイトボードを凝視したハルは「小豆ハタ」と注文。揚げ物はいつもの「かぼちゃ」「串かつ」「たまねぎ」。「シロモツ」は僕がおかあさん印と呼んでいる「豆板醤」に「ソース」を合わせて炒めてもらった、ハルスペシャルバージョンでオーダーです。飲み物はいつもの「チュウハイ」。
060513_1918~001.jpg060513_1857~001.jpg060513_1859~001.jpg060513_1854~001.jpg
「小豆ハタ」は綺麗な白身ですねー。でもノブさんによるとこの魚は白身の範疇の魚ではないそうです。綺麗な小豆模様のついたハタだそうです。魚はノブさんの解説を聞きながら頂くと勉強になります。福田フライはお魚図鑑居酒屋なのであった。
posted by ハル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福田フライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

「KIKUYA CAFE」のビーフシチュー。 僕はJayさんじゃないってば。

「KIKUYA CAFE」はクセになりますなー。また、来ちゃいましたよ。オーダーはJayさん推奨の「ビーフカレー」にするか、随分とメニューとにらめっこしながらかなり迷いましたが、結局ビーフシチューに決定。「ビーフカレーさん」、近い内に必ず食べに来るからね待っていてねー。周りの客に心の中のアホな独り言を聞かれなかっただろうか…思わず呟いていたかも。澄ました顔で新聞を読みサラダの登場を待ちます。それにしてもさっきから前のテーブルの女性2人客の1人とやたら目が合っちゃいます。先週来た時にもいた子だな、携帯で写真を撮っているのを見られたか?うーん?僕の事Jayさんと間違われたか…。それとも僕がデブなので恰幅の良いこちらさんと間違われたか?それにしても落ち着きませんな。「サラダ」が登場!!品の良い盛り付けですねー。
060512_1950~001.jpg
食べる事に集中しましょ。その前に周りのお客さんに迷惑掛からないようにパッチリと素早く「サラダちゃん」のグラビア撮影をします。顔を上げて食べ始めるとやはり目が合っちゃいます。うーん僕はねーJayさんじゃないの、残念でしたー。続いて主役のグラビアアイドル「ビーフシチューちゃん」の登場です。
060512_2001~001.jpg
たっぷりな牛肉とベーコン・グリンピース・カリフラワー・ポテト・グリーンアスパラ・マッシュルーム・タマゴが美味しいソースと相まって、素晴らしいナイスなお姿。ハルの携帯カメラが激写します。(かなりコッソーリと)いいよーいいよー。ナイスなショットもらったよー。ハルはご満悦なのでした。ハフハフとひたすら食べ始めると、やはり前の彼女と目が合っちゃいますこりゃJayさんと間違われたのではなく、僕がただ怪しい奴と思われていただけか…。(猛爆!!)……。来週もまた来よーっと。
posted by ハル at 21:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

池袋「灰汁美」店の雰囲気が良くなりました。

池袋北口を風俗街方向に歩く俺。平日昼間からコーナーシュリンプに向かっている・・・訳ねーじゃん!。今日の昼飯は「つけ麺」が無性に食いたくなったので、向かうは啜り所「灰汁美」でーい!普通「営業中」とか「OPEN」の看板を出すが、ここは「啜れます」の看板が開店中の意味なんだ。そこのあなた「啜る」って読める?俺最初読めなかった。
060522_1158~001.jpg060522_1147~001.jpg060522_1147~002.jpg
開けっ放しの入り口を入るとカウンターが空いているじゃないの。奥から詰めて座って下さいと相変わらずぶっきらぼうな口調の主人に従い座るのだ。ここの「つけ麺」の味は俺が保証するが、今まではぶっきらぼうな主人、役立たない従業員で雰囲気悪い事が多々あったが今いるアンチャン2人は威勢がいいし、巨体主人との息も合ってるようだな。「つけ麺」は美味いのに主人がぶっきらぼうで従業員に小言ばっかりだと、こっちとらも麺が不味くなるってものよ。デブ主人よ、これからもその調子で行ってくれや。これからも通うからよ。
posted by ハル at 21:19| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。